わかれめ

ほの白き樹氷ような葉桜の
白色灯の下立ちつくす (音呼)

| | Comments (0)

見上げてごらん

まんまるに 心を撫でる月夜かな(音呼)

| | Comments (0)

よくないよ

すっぽりと
時の流れにぬけおちて
そばだてる身体闇がいくまえに(音呼)

| | Comments (0)

山里の春

Kicx1442

山里に今年も春は巡りくる
君の不在がまぼろしのよに(音呼)


今日はとってもいいお天気でした。

雪を残す青い山々
桜色をまじえた萌葱色の木々
雪が消え、乾いた色のぼんやりとした大地
軽トラックや耕耘機、せいを出す人たちが見える田畑

この時期の農村の風景が好きです。

明るい日差しの下そんな風景の中をドライブしていて、
ふとあなたのことを思い出しました。
去年は、あなたも一緒に乗っていましたよね。

あなたが逝ってもうすぐ9ヶ月
去年のGW
元気だったあなたの笑顔、笑い声を思い出しました。

あなたの知らぬこの春も、
いつものように美しいですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春の嵐

雪原をひっくり返したような空
見上げてあびる
花散らし
(音呼)



いち。今日は美容院へ行って、少し髮の色を変えた。

に。でてきた雑誌ananの特集、オーラ判定テストの結果は「女猫オーラ」。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

囚われ

たぐれない

糸ならいっそ 放そうか

思い切れずに刻むつめあと

(音呼)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

焦りの秋、芸術の秋

吹く風のいき先はるか目をほそめ
あとふた月の日々にむかわん(音呼)


は~、今年もあと2ヶ月切っちゃいましたね~
ここで新年のご挨拶をしたのが昨日のことのようです(ちょっと誇張)。

山積みな感じのto do listに立ち向かう前に佇んじゃってる私ですが、後から自分を罵らなくてすむようぼちぼちがんばる所存です。
ええ、ここぞの集中力はあるつもり。

それにそなえ(?)明日の祝日はたっぷりほうけるのだ。
それから1日働いて、週末には5日からスタートの21美の新しい展覧会にもお出かけしようかな~なんて、結局お出かけプランばかりが頭のなかを漂います・・・・・・

なんたって、タイトルに「楽園」がついてますから・・・・・・
特に注目はコレ

ではみなさま良い祝日を

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「誕生日」短歌2

誕生日一緒にわくわくした日々を 想い出してる月日が越えそう(音呼) 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「誕生日」短歌

ホントだよ 日にちは覚えちゃないけれど 君がいてくれてホント嬉しい(音呼)


久々桝野さんの所を読むことができました。
んで、久々に投稿。

私ったら、誕生日とか、その他の記念日にしても覚えているのが苦手。
10代くらいまでは女子友間イベントの波になんとかのってましたが、実は全然だめ。

ドラマなんかで、妻の誕生日忘れちゃった夫が「私のことなんかどうでもいいんでしょ!」とか言われてると、「いや、そういうことじゃなくって~」って思っちゃう側っだったりするし。
自分のことでも、女に多いと言われる記念日重視にはほど遠い。

オメデトウメール送ってくれるマメな友達にはこっちからも送りたいと思うのだけど、いまや正確な日が思い出せなくって・・・・・・

友よゴメン!
でも、君がこの世の私の近くに生まれてくれて、とどまっていてくれること、ほんとメデタイ!って思ってますから!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

立ちのぼる煙の向こうにうかぶ顔
ふり仰ぐそら染み込めあお(音呼)

| | Comments (0) | TrackBack (0)