街の顔

古株の東京タワー
もう中堅?な六本木ヒルズ
その間にそびえる新顔のミッドタウン

どんどん変わる東京の顔
だけど
その足下には肩を寄せ合う家々

着飾った通りの隣には
普段着の家族の生活があって
おじいちゃんが孫の手を引いてたり
キャッチボールをしたりする緑の公園があって

よそ行きと
よそ行きじゃない顔が
一度に見える窓からの眺め


Kicx0419

| | Comments (2) | TrackBack (0)

まちの風合い

昨秋ちょこっと滞在しただけなのに、なんとなく自分のまちのような親近感、懐かしさと居心地の良さを感じている神楽坂。

朝日のコラム「プロの語りごと」
2/7掲載分に登場しているのが神楽坂の喫茶店、「神楽坂 巴有吾有」オーナーの林功幸さん。
入ったことはないけど、「ああ、あそこ」とすぐにわかる「顔」な店だ。

神楽坂、また歩きたくなってしまった~

元記事↓
神楽坂の古き良き喫茶店のオーナー/林功幸~前編~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深夜に優雅なアロマテラピーを

パークホテル26階にあるフィトアロマテラピーサロンでは、なんと深夜2時までトリートメントを受けられる(最終受付は23時半)。
ホテルが入っているメディアタワーもそうだけど、近隣のビルも広告会社やテレビ局や、まあ、深夜まで普通に働いてる人口が多いエリアゆえの時間設定。

ボディメニュー中心で、30~90分、5000~2万円台まで。
10分2000円前後の設定は、シチュエーションやトリートメントの質から見て高くはない。
むしろもっと高くてもありだろうが、ビジネスマンに日常使いしてもらうにはそう高くしてもだめなんだろう。

やはり利用は夜中心、宿泊客も多いらしい。
私はキャンセル待ちで運良く当日入れたが、夜は事前に予約した方が良さそう。

バスルーム付きのゆったりした個室でトリートメントを受ける。
窓からは夜景が広がり、東京タワーが見える。
アロマオイルの種類は豊富で、選び方もかなり丁寧。
5種類をブレンドする。
ベースになるオイルもいろいろあって、効能や肌の状態によって選んでくれる。
アロマオイルの濃さは通常のサロンの倍だそうで、効果が高い分後からだるさが出る場合もあるそうだ。

帰りには、残ったオイルを小瓶に入れたものと、香りを選ぶ時にオイルを垂らした紙を持たせてくれる。
紙はベッドの枕元に置いて眠れるように。
長い1日の後部屋に帰って一息つき、バスを使ってさっぱりした後夢見心地なトリートメントを受け、その後またすぐ部屋に戻って上質なリネンと香に包まれ眠りにつく。
う~ん。幸せ!

せっかくサロンがあるホテルに泊まっても、21時か、せいぜい22時くらいまでで今まで使えず、かといっていわゆるマッサージを部屋に呼ぶのも気が引けてできなかった。
このサロンのせいで、またこのホテルを候補に考えちゃうかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

晩秋の弘前

KICX1018「りんご色のまち弘前」(りんごの台座に書いてあるキャッチフレーズ)に超急ぎ足で行ってきました。意外にもまだ紅葉が美しくて、寒さに凍えながらも秋晴れを満喫。

Continue reading "晩秋の弘前"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

日本海北上

ガタゴト、ガタゴト
ときどき稲光で明るくなる夜空を左手に、真っすぐ北へのびる線路の上をのんびり進む。

真っ暗な海がもうすぐ広がってくるのだろうか…
でも、カーテンを空けた窓から染み入る冷気のせいで、ながくは眺めていられそうにない。

お気に入りの音楽と雑誌、えびすビール(イメージ的にはカップ酒と演歌だが、さすがにそこまでは…)を道連れに、しばしモノクロームの時代のような旅情を楽しもう。

終着駅は函館。
線路が海に沿ってはしる函館の景色は素敵だった。列車からはどんなふうに見えるんだろう?と思ってた。でも、今回はまだ海は渡らない。

私を待っているのは陸続きでは最果ての地。初対面の私を、どんな表情で迎えてくれるだろうか…

051125_2130.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

神楽坂の昼下がり

cats

猫集会
このあと右端のボスに睨まれる

cafe

日差しがゆらめくのを見ていると、
水面の下にいる気分

| | Comments (3) | TrackBack (0)

神楽坂夜話

KICX0905KICX0893
KICX0888KICX0896
KICX0901KICX0886

こじゃれたお店も数あるものの、それだけじゃないところ。
坂道好き、小道好き、うらぶれ好きも惹きつける、
生活臭のある街。
そこが魅力的。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

羽田第二ターミナル

041208_2307.JPG開業間もないターミナル。なにもかもがピカピカ。人混みも少なく私には嬉しい。ゲートまで近いのも○。あんまり歩かなくていい。

レストランのいかにもういういしい男の子の接客はまだ緊張感のあるぎこちなさと丁寧さ。お客様は神様って接客、へんにこなれないでほしいな。

出発フロアから一個上がったとこにあるラウンジには、開店記念的お花もまだあった。第一に比べてオシャレな内装だけど、ちょい集中させすぎかな。より広いスペースにより手狭に並べられた椅子。それを可能にするための見通しの悪い区画、薄暗いライティング。一応個別スペースが担保されてるけど、空き席が見つけにくいし、飲み物取りに行くにも遠いし。一方スタッフは少なく、見渡せもしないからサービスはあまり期待できない。利用者が片付けもセルフしてた。

まあ、もともとお金払って利用してる人はいないだろうけど、ほんと、お金払うなんて考えられない。収容多い分バースペースも増やすとか、雑誌類も多めにしとくとか、考えてほしいな。これについては見栄えはだめだけど実はある第一のほうが落ち着くかな。あ、各テーブルにコンセントがついてるのは第二が○。

| | Comments (2) | TrackBack (1)