エジプトの銀細工

Kicx1144

金が有名だけど,もっと気楽なお買い物としては銀細工のアクセサリー類もいい。
金だと200数十ドル~なカルトゥーシュも銀なら格段にお手頃。
銀のスプーンなんかも,なかなか素朴な味わいがあって良かった。

私は,クラフト感あふれる,アンティーク調のペンダントヘッド類を物色。
石というよりは(石自体はそう程度や加工がいいものではない)使われている銀の分量により,35ドル~75ドルくらいの幅であったが,しばらくあーでもないこーでもないとやった後決めたのが上の写真の,2羽の鳩がモチーフの,トルコ石と珊瑚が使われた銀のペンダントヘッド。
60ドルと言われたのを,値切って値切って,最終的には42ドルだったかな・・・。

普通にかわいいけど特にエジプトっぽさがないのが向こうで悩んだ理由だったが,旅先の波長で選ばなかったのが今となれば正解!
見るたびに思い出す景色があるのだから,その物にまでエジプトを象徴させる必要はない。
ずうっと身近における物を選ぶようにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カイロ市内

カイロの街中ではいずれも定番の,考古学博物館,ナイル川ディナークルーズ,そしてハン・ハリーリ市場。

ナイル川ディナークルーズは,超高速でひたすら回り続けるタンヌーラ・ダンスはすごかったけど,その他は正直いまひとつだった。
ビュッフェ式の料理はメニューもそう多くはない上大行列。
ベリー・ダンスは最初こそおもしろいけど,その後けっこう長く船内各テーブル回って写真とったりするので,間延びして手持ちぶさただった。その間食べるものも,河岸の夜景もそうないのが致命的。話すにはバンド演奏がうるさすぎる。
選べるなら,ショーのあるホテルのレストランやバーでダンスを見る方が絶対いい。
まあ,クルーズ船もいろいろあるので,船にもよるかもしれないけどね。

Kicx1125

ハン・ハリーリ周辺はカフェがずらり。

Continue reading "カイロ市内"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ギザ

なんといってもギザの三大ピラミッドとスフィンクスははずせませんな。
クフ王のピラミッドには中まで入りましたが,まあすれ違えないほど狭いわ,しゃがんでもしゃがんでも頭はガンガンぶつかるわでかなり汗かきました~!
入ったからどうってこともないけど,まあ,記念?

Kicx1089
3つのピラミッドが見渡せるパノラマポイントで。

Continue reading "ギザ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カイロ近郊

ダハシュールで赤のピラミッド,遠くに黒のピラミッドと屈折ピラミッド,メンフィスでラムセス2世の巨像&アラバスター製のスフィンクス,サッカラでジェセル王の階段ピラミッドを見学。

赤のピラミッド周辺は,足下が全部,ベージュや朱色のきれいな玉砂利っぽい石ばかりで,大小様々きれいな石拾いにせいを出す。いずれハンズででも材料そろえてアクセサリーにしたいと思っているのだが,いつになるやら。

Kicx1051
メンフィスの土産物屋。
どんだけコーラが好きなんだって
たばこもかなりUSA

Continue reading "カイロ近郊"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハトシェプスト女王葬祭殿

ルクソール西岸巡りのメニューはハトシェプスト女王葬祭殿と王家の谷。
「王家の花嫁」を真剣に読んでいた子どもの頃を思い出す。

Kicx1001
道すがらは,ナイル川の川辺の風景も素敵。

Continue reading "ハトシェプスト女王葬祭殿"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜のルクソール神殿

ライトアップされた神殿を歩く

Kicx0964
「じゃじゃ~ん」って感じ

Continue reading "夜のルクソール神殿"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カルナック神殿

数世代の王により,2000年もかけて造られたというエジプト最大級の神殿。
さすがに大きい。人夫達はそりゃー大変だったろう・・・

Kicx0922

参道にはスフィンクスがずらーっと並んでいるのだが,ここのスフィンクスは顔が羊さんなのだ。
ちなみにこの羊顔スフィンクスがラベルになっているのが「ルクソール」というビール。

Continue reading "カルナック神殿"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エジプトに行ってきました

Kicx1065
(写真:ジェセル王のピラミッドにて)

真冬の金沢を抜け出し,毎日天気予報不要にカンカンと日差しが照りつけるエジプトに行ってきました。

初エジプトで,ルクソールとカイロの定番スポットへ
全体にベージュの世界
全体に砂が煙ったような色合いの街並み
色を添える野菜や果物,衣装

そんな景色をちょっとづつアップしていきたいと思ってます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

あれから約15年

Srayevo

おびただしい弾痕が残された壁の中で人は暮らし

Srayevo3

石を積み直し

Srayevo2

暮らしの色をあふれさせながら

Srayevo1_2

傷を見つめ生きていく

Continue reading "傷"

| | Comments (0)

芸術&食欲の秋的な

バタバタといつものように飛び出して
いくつかの忘れ物の中にデジカメもあったりして
まあ,従って携帯電話のカメラでいまいちだけど記録は記録。

Schnbrunn

Continue reading "芸術&食欲の秋的な"

| | Comments (0) | TrackBack (0)