10年一昔というけれど

今夜の「僕らの音楽」
ゲストはユーミンだった。

イム・ヒョンジュが、声楽家みたいなモードで
「春よ、こい」を韓国語で歌っている。
その画面の右上に、“「春よ、こい」1994年”とあった。

1994年!?
10年以上も前のことなの!?

1994年の私を思い返してみる。
あの頃見ていた未来も。

歌は昔に思えないのに、
あの頃の私は遙か遠いところにいる。

私は今、全然違う「私」を生きている。
想像もしなかった「今」

「今」がこうなっていることに、
後悔があるわけじゃない。
けれど、たぶん、
あの頃予定していた未来に進んでいたとしても、
やっぱりそれを後悔してはいなかっただろうと思う。

私の何がいいって、今ではないどこかを見て今を呪ったりせず、その場その場でそこを好きになろうと、心地よくしようと思える性格に恵まれたことだ。
楽しみ方を見つけることに、そう時間はかからない。

そうはいっても、置いてきた過去と来るはずだった未来の記憶が消えさるわけでもない。
記憶力はいい方。

幸せな記憶は、積み重なっても一瞬で崩れたり、ゼロにしなきゃいけないこともある。
けれど、痛みはゼロになったりしない。

どんなに転がってもまるくならない小石のように、
私の中に積もって、積もって、
どこかわからなくなるくらい奥底からでも、ふとした拍子に角があたって、その存在を知らせてくる。

そういうおもりがだんだんと
人の足を地つけさせていくのかな、
なんて思ったりもするけど

手にした風船をまだはなせないでいることを、
今はまだ、受け入れておこう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

はかりごと

こころをはかるとしたならば

なにがおもりになるだろか

きみへの愛のおもみより

おもいものなどあるだろか



はかれぬことをききたくて

くりかえされるはかりごと

あつかいかねるこの愛に

あなたはきづいているだろか


050110_1240.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あやとり遊び

朱い毛糸をまるにして
あやとりかけとり順番に
ほどけぬ結び目できぬよに
やさしくすくってくださいな

朱い毛糸を玉結び
指に絡めてはりつめて
つないだ糸が切れぬよに
しっかりみていてくださいな

ayatori
山中温泉 あやとり橋

| | Comments (0) | TrackBack (1)

いつもの12月

shiwasu.jpg

「えっ」という思いにおそわれる12月のはじまり

街並みがうきうきしてくるほどに

なんだか寂しいような

忘れ物をしたような

やりのこしたこと、どれだけあるだろ?

あと30日 できることはいくつ?

優先順位も決めなきゃだし

あぁ 今年のはじめは何を願ったんだっけ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

懐かしい場所

もう10年も前のことなのに

なんだかんだいって私の世界もずいぶん変わったのに

ここの景色はちっともかわらないで

私を待っていたみたい

あのとき一緒にこの景色をみた人は

今頃どうしてるんだろうね

LakeOntario.jpg
オンタリオ湖の眺め
この湖に面した寮でしばらく過ごしてたころ、天気のいい日はよく散歩したり、友達とサンドイッチ持ってランチにでたりしてた場所

| | Comments (4) | TrackBack (0)

空からのメッセージ

12.jpg

家並みのなか 肩をすくめて
木の葉を踏みしめて歩く

ふっと見上げた空は意外なほど明るくて
飛行機雲が描いたのはXII

!?
んー 今日のラッキーナンバーってことにしよう


Continue reading "空からのメッセージ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恋愛における頭と心

この人を 好きになれたらいいのにと 思うあたまと うごかないこころ

Continue reading "恋愛における頭と心"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

もの想う秋だから

04-10-06_13-30.JPG

いずくにか いきつく先は あるのかと 雲に問おうか 秋風がふく

Continue reading "もの想う秋だから"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

温度

G.JPG


金色の木陰
あなたの肩にちょこんともたれ
冷たくなってきた風と
すぐそばにあるぬくもりを感じてる
こんな時間が
きっと一番のたからもの
何にもいわなくていいから
ずっとその手をはなさないで

(99/11/11)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうすこしの距離

あきれるくらい天邪鬼なことばは
こんなとき 役に立たない

ほんとうに伝えたいことばが何かって
もうとうに気がついているのに
胸のおくに閉じ込められたままのことばが
行き場を失ってしまうかもしれないのに

けれど
もう少し確かめたい
私の思いが本当だと
ふたりのつながりが本当だと

(98/12/27)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧