隔絶

夜霧
先が見えない山道を進む

ナビもなく
地図もなく
目的地の標識を頼りに

曲がりくねった道はいつまでも上り坂のよう

降り出した雪は世界を閉ざすよう

走り抜けられるのか
前のめりでライトの向こうを見つめる

「土砂崩れ注意」

戻るべきか、行くべきか
今更なのか、今ならなのか
悩んだところで
わかるのは結果がでてから

マニュアルはない
30分のとてつもない孤独

| | Comments (0)

あれから約15年

Srayevo

おびただしい弾痕が残された壁の中で人は暮らし

Srayevo3

石を積み直し

Srayevo2

暮らしの色をあふれさせながら

Srayevo1_2

傷を見つめ生きていく

Continue reading "傷"

| | Comments (0)

よくないよ

すっぽりと
時の流れにぬけおちて
そばだてる身体闇がいくまえに(音呼)

| | Comments (0)

境界線の藍

その色が見れるのは1日に2回。

朝が来る手前の東の空と
夜が来る手前の西の空。

時間にしたらそう長くはない。
深くて,でも重くはない藍色。

昼と夜の境目

東の山ぎわからじんわりと
色の世界が生まれ出るとき
じんわり,じんわりと
薄墨の雲の合間を藍色が埋めていく。

西の山ぎわにじんわりと
色の世界が追いやられるとき
じんわり,じんわりと
薄墨の雲が藍色を塗りつぶしていく。

色のない世界とある世界の入れ替わり
その刹那の藍色は
じんわりとやさしい。

色が生まれ出る頃に眠りにつき
色が消え去ろうとする頃動き出す。
そんな私の目を,慰めてくれる。

| | Comments (0)

帰り道

窓明かり

ぽっかり夜空に浮かんでる

僕の月は

通える場所にある

| | Comments (0)

傷口

「人を殺したいと思ったこと、ないの?」

彼は、「ディズニーランドにいったことないの?」とか、そんな程度にありふれて意外なことを聞くように、私に尋ねた。

そう
彼から見たら、私は幸せな人間だったのかもしれない。

どこか頼りなげで、ほっておけないような男(ひと)だった。
暴力とは対局にある人。
何を言っても怒らないような、とらえどころなく、漂っているような人だった。

人を殺したいなんて、思うことがあるとさえ思っていなかった。
私からみても弱々しい彼が、それをさも意外そうに言うことが、どうにも受けとめられなかった。

だけど
彼は確かに
足を引きずらなくては歩けなくって
それはどうにもできない病気のせいで

いつもひょうひょうと笑っているとらえどころのない彼とは別に、そういうものを抱え込んだ彼がいて当然だったのかもしれない。
ただ、
彼のひょうひょうとした感じが「普通」すぎて、私はそれ以上考えることしなかったんだ。

私は自分を不幸だと思ったことはない。
だけど
不幸だと言われそうな歴史を重ねているとは思ってきた。
それが「不幸」だと烙印をおされたくなくて、言わなかったにすぎない。
認めたくなかったのだ。
言えなかったのだ。

そういう自分の「意固地さ」は、自分を追いつめるよりも、支えてきたのだと、今は思う。
それがかなり痛々しい、後ろ向きなものだとしても、前に進ませてくれたものには違いない。
そして、自分を殺そうと思ったことがあったとしても、人を殺したいと思い詰めることなく生きてこられたことは、きっと、間違いなく、感謝すべきことなんだ。

その日は、仕事帰り、彼の車で1時間ちょっとのドライブだった。

「危ないって思うことないの?」

と尋ねる彼に、

「ぜんぜん」

って応えてた。

だって、襲われても彼には腕力でも勝てそうだったし、そんなことをしそうな人だと思ったこともなかったから。

「くやしいな」

と言った彼のことをだけど、
彼の深い暗闇を、
その、まだ湿り気のある傷口を感じで以来、
なんだか気になって仕方がなくなったことは、
私しか知らないことだ。

私もいつか、傷口を見せられる誰かに出会えたら、語ることがあるのかもしれない。
わかってくれそうな闇を持つ誰かに惹きつけられて、涙を流すのかもしれない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

開放

違うものを同じにはできない

壁をすり抜けられる人間はいない

ふれられないものの手触りをしることはできない

聞こえないなら叫ぶだけ無駄

受けとめられない想いに突き刺され

血を流すのは私

一人相撲であざをつくることはないって

今度こそ

今度こそ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

モノクローム

深夜零時
左手に黒く、流れているだろう犀川
降り止んだ粉雪
たちこめる夜

まだ柔らかな雪の膜を踏みしめて
タイヤは進む
暗闇に白く張られた一本のテープの上を
しずかに、確かめるように

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月のドレス

moon

せっかくきれいな月なのに、

雲が出てきたなんて怒らないで。


月に照らされている間だけ、

雲は銀色に輝くことができるの。


だからもう少し

雲に楽しませてあげようよ。


夜はまだ長いんだから、ね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

立ちのぼる煙の向こうにうかぶ顔
ふり仰ぐそら染み込めあお(音呼)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧