湿度

湿度
夏だというのに、
いや、夏だからか
湿り気が中まで入ってくる。

ボーッとするのに
わかってしまったりする。

私の中の洞窟は思っていたより巨大で
底知れず
苔むして世界をつくっていたりするようだ。

自分はもう消え去るものではないのだと
受け入れて見える世界を見ろと
そう言っているような


でも
悪あがきはまだ、
そこまで苔はまわっていない

苔に水を
苔に光を掌を

| | Comments (0)

夏の夕暮れ

雨あがり

日曜日

鐘の音

蝉しぐれ

虫網抱えた男の子

竹やぶ

せせらぎ

曲がりくねった細い道

誰かが弾いてるピアノ

おじいちゃんが乗ってるスクーター

カラス

誰もいない学校から聞こえる帰りのチャイム

冷たい白ワイン

飲ませてくれるあの店まであと少し

hasu3
「おっぱいがいっぱ~い♪」に見えるのは私だけ!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

元気にしています

きのう見た青空と

数週間後の楽しみと

そんなこんなを浮き輪にしつつ

くもり空の日々だって

毎日水面に顔を出し

なんとか息をつないでいます。


そんな日々はちまちまと

面白みがないようですが

空の表情の変化に気づき

季節ごとの楽しみ数え

そんな普通のよろこびを

忘れないでいられます。


あの日のあなたのあの笑顔

大事な浮き輪のひとつです。

保温機能までついた

とびっきりの浮き輪です。

あなたと会えるカレンダー

指折り数える浮き輪です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Let's fly

When did you last see the sky
         not squared up by the window?
When did you last bask in the sun
             not sliced by the blind?

Let’s fly in the borderless blue, blue sky!


When did you last wake up with joy
         in starting a brand-new day?
When did you last dream of the world
              you’ve never seen?

Let’s fly over the borderless blue, blue earth!

Let’s fly faster than the sun goes around!
Let’s go beyond the world we ever know!
Let’s get there before our souls wither away!

fly

というわけで(?)戻ってきました。
写真はIVEXエアラインのCRJ機の翼。
配色がトワイライトとよくマッチしてきれいだなあと思って。
すべて本革シートの50席のみで、ゲートと機体の間の移動は徒歩!
アットホームでけっこう好きです。
頼むとCA手作りの搭乗証明書がもらえるのだ!!!
飛行機好きにもスッチー好きにも人気がでそうなものだが、あまり知られてない?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Let's Dive into Zero Gravity!

space-travel

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オンリー・ワン

C.JPG

太陽のために
闇を厭わしく思ったりはしない

夜のために
日ざしを恨んだりしない

闇を待つために光があるわけではなく
光を待つために闇があるわけではない

だけど
闇があるから光はあり
光があるから闇がある

二人は決して同じにはなれないけれど
だからこそ互いに大切な一人になろう

(99/07/16)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いつも

buna.JPG


雨上がりの木立
胸にしみこんでくる懐かしい香り
「カブト虫のにおいだ!」
言葉にする前に先をこされた
「そうそう!」
顔を見合わせて笑う
こんな瞬間
君をもっと好きになる

(99/07/27)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やわらかな風がゆらすもの

今日は風が強くってさ
元気良く伸びてる雑草が
すっごく気持ち良さそうに波打ってたんだ

白っぽい穂が白波みたいでさ
ほんと 緑の海みたいだった

いや 海よりもやわらかで
ペルシャ猫の背中みたいな感じかな

それとも
いずれにせよ
なんだか君の髪をなでてみたくなったんだ

(99/05/27)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちかくに

nanohana.JPG

薄羽を広げたような山々を

かすみ草の花束のような林檎畑を

春の太陽の化身のような菜の花の絨毯を

光の粒が薄靄のように溶けこんだ空気に身をひたしながら

ことばもなく見つめてる

すべてがとけあうような夕暮れ時

きみの鼓動が染み込んでくるみたいだね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いま

日々の回転が速くって
心の時計がとまっちゃってる
こうなったらもう飛ぶしかないか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧