福光で棟方志功&民藝を味わう

1945年4月,棟方は金沢のお隣福光に疎開し,その後7年間を福光で過ごした。
福光では,のどかな田園風景と,当時の棟方の暮らし,思い,数多くの作品に触れることができる。

081102_1601
光徳寺庫裡「躅飛閣」

Continue reading "福光で棟方志功&民藝を味わう"

| | Comments (0)

鴻池朋子展「異界からの客人」in金沢

081018_1625

2008年10月17日(金)~19日(日)
たった3日間,21世紀美術館敷地内にある山宇亭&松涛庵,隣接する中村記念美術館の旧中村邸&梅庵での個展を,トークショーの後に見てきました。

Continue reading "鴻池朋子展「異界からの客人」in金沢"

| | Comments (0)

鴻池朋子トークショー@21世紀美術館

おしゃれメッセ2008のイベントとしてはちょっと異色な鴻池朋子展。
18日(土)午後,その一環としてのトークショー@シアター21に行ってみた。
作品の写真をスライドで見せ,振り返りながら話を聞いていく,という感じ。

Continue reading "鴻池朋子トークショー@21世紀美術館"

| | Comments (0)

ねはんぐんじょう

金沢アートプラットホーム2008(10/4~12/7まで21世紀美術館を中心に街中各所で開催中)のエクステンションとして,寺町にある辻家のお屋敷にて開催された「ねはんぐんじょう」,その最終回に出かけてきた。

彗星倶楽部の中森あかねさんプロデュース。
お屋敷の部屋や廊下のそこここに,新保裕による彫刻,エブリン・テブロフによる掛け軸,田聡美によるガラスの香合や小物入れが,調度品然として飾られている。
いかにも現代アートな彫刻や掛け軸も,コバルトブルーや緑の壁とは違和感なく響きあい,日本趣味の外国人の家的な空気をつくっていた。

081013_1429081013_1436

Continue reading "ねはんぐんじょう"

| | Comments (0)

スミソニアンの彫刻庭園

ハッシュホーン美術館から通りを挟んだ彫刻庭園へ。
お天気がいいと,とにかく気持ちいいかも。

Kicx0249

庭園の入り口には,銀の少年(?)が立っている。
美術館の案内所の女性は,これがお気に入りだそうで,「見逃しちゃダメよ!」とおすすめされた。

Continue reading "スミソニアンの彫刻庭園"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハッシュホーン美術館

スミソニアンの現代アートギャラリー。
ハッシュホーンさんのコレクションに由来し,こちらも無料。
ナショナルギャラリーに比べたらぐっとこじんまりしているが,空間自体が美しく心地いい。

Kicx0250

Continue reading "ハッシュホーン美術館"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナショナルギャラリー@ワシントンDC

スミソニアンエリアにあるナショナルギャラリー。無料で,教科書に載るような西洋有名画家の絵をたっぷり見ることができる。

Continue reading "ナショナルギャラリー@ワシントンDC"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エミリー・ウングワレー展

エミリー・ウングワレー展

彼女の作品に向かいあっていると、無数の生命の卵がプクプクと呼吸している神聖な世界をのぞきこんでいるような気分になる。

Continue reading "エミリー・ウングワレー展"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロン・ミュエック展@金沢21世紀美術館

個展としては日本発,かつ,最新作の“A Girl”(2006)が日本初公開というのが売りで,2008年4月26日~8月31日まで開催中のRon Mueck展,初日に行ってきました。
GWでもあったけれど,それほど混んでもいなかったかな。

Continue reading "ロン・ミュエック展@金沢21世紀美術館"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Museum of Comtemporary Art@シドニー

久々に毎日更新しているし,NY記事は終わったし・・・ということで,ずいぶん前(2007年10月)のことになるが,オーストラリアの書きそびれて気になっていた記事のことを思い出したりして。シドニーとメルボルンで行った美術館のことも書きたかったのだけど・・・ メルボルンのことは前にも(2006年9月)書いているので,せめてシドニーだけでも。

Kicx0717

Continue reading "Museum of Comtemporary Art@シドニー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧