« Dulcinea Langfelder in "Victoria" | Main | 金沢灯りと花の小径 »

The Diver@シアタートラム

急に入れた東京での予定の翌日,28日マチネ,当日券にてThe Diverを。
私は開演1時間前からの当日券発売の,さらに1時間弱前に到着していたのだが,そしたら列の4人目でH列をゲット。
開幕後初の週末だというのにその後もさほど列は伸びず,発売時間までに並んだら問題なく見れる感じだったのは意外。上演時には立ち見も出ていたが。

The Beeは,日本版よりロンドン版の方が好きだった。
物語が単純に見えない感じ?
重さが違う感じ?
単純に言語としては,日本語の方が英語よりずっと複雑な表現ができるのだが・・・。
絵的には日本版が好きだったけれど。

The Beeと同様キャサリン・ハンターが主役。
彼女はやっぱりすごい,唯一無二,と思う。

舞台の美しさは今回も大満足。
金の月,扇,白い仮面,青い光,赤い血。
深く暗い物語の中で,光,色彩,情念が鮮やかだった。

ハンターと野田さんによる,片足バランスのダイビングポーズもとっても素敵。
本家の能「海女」はまったく知らないのだが,海中シーンがどんな感じなのか,見てみたくなった。

囃子方の調べもすばらしく,古典と現代,和と洋が違和感なく溶けあって,かつ,常ならぬ感じも味わえる。
これもやっぱり,英語の国の役者と言語で見るのがよりおもしろいかもね。

パンフは1000円。
野田さんの示した日本男児観はおもしろい。
源氏物語が英語の国の人たちにはどういう印象を与えるのか,ちょっと聞いてみたくなる。

|

« Dulcinea Langfelder in "Victoria" | Main | 金沢灯りと花の小径 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Dulcinea Langfelder in "Victoria" | Main | 金沢灯りと花の小径 »