« メルボルン・スナップ | Main | ショック »

さわひらき作品展@メルボルン

HirakisawaDwelling2002

NGVインターナショナルでは"Six good reasons to stay at home"と題されたさわひらきのビデオ作品展を12月3日まで開催中。入場無料。

ピカソ展をお目当てに行ったわけだけど(こちらも20ドル出して良かったと思う他とはひと味違った充実の作品展でした),とりあえず一通りと最上階で足を踏み入れたさわひらきの世界にかなり恋に落ちる。彼が石川県出身であることにもちょっと縁を感じたり?

カラー,あるいはモノクロームで,たんたんと映しだされる室内の小宇宙。

カーペットの草原を走る木馬,洗面台の湖を渡る水牛,窓のさんを歩む人馬,ゆっくりと部屋の片隅を進むらくだの隊列,ダイニングテーブルやベッドを滑走路に室内を飛び交う飛行機・・・・・

奇妙だけど心地よい,見たことがないのになぜか懐かしいような光景が展開する作品達は,入手してお部屋でぼーっと見ていたい感じ。

一番お気に入りだったのはdwelling 2002(写真右)。
他の出品作は,
Hako 2006
Eight minutes 2005
Trail 2005
Going places sitting down 2005
Migration 2003

動画の雰囲気はOTA FINE ARTSのサイトで見ることができる。

|

« メルボルン・スナップ | Main | ショック »

Comments

 へー、メルボルンで”さわひらき”さんの作品展やってたんですね?すごい。
今、金沢21世紀美術館Collection展Ⅱの、一番最初の部屋に、さわひらきさんのDVDおよび映像作品あるんですよ。なんだか変わった奇妙な映像がとても印象深かったです・・・。

Posted by: ハルズ | Sep 22, 2006 at 05:51 AM

ハルズさん

それ,見たいと思ってるんですよ。メルボルンの出品作とは違うヤツですよね?

まあ,春までだから絶対見れるでしょうが,川崎和男展に月末からは奈良美智展も始まって,企画展2つと並行なんて,そんなにスペースあったっけ?みたいな気もするんですが・・・。

ゆっくり時間をとって見に行きたいと思ってます。

Posted by: neco | Sep 25, 2006 at 08:08 PM

部屋はひとつでした。作品名を見ると、メルボルンのとは違うようですが・・。
 川崎さんの作品展見てきました。「いのち きもち かたち」と言うテーマで、無機的な”もの”道具の中に、人間的な”こころ”や”きもち”を表現する”表現者”の遊びごころ?のようなものを最初の部屋から最後まで、たくさん並んで、充実感を感じるぐらいだった。とても難しい、と思ったのは、やっぱり道具や、”もの”は人に使われて始めて意味を持つ、命があると感じるので(、単なる”アート”ではない川崎さんの仕事は一言”難しい”(^^;)・・でした。
necoさんはどちらがいいですか、かたちがよくて使える作品?と見るか、それとも同じ道具でも使わないもので、形だけの作品と見るか?・・・
ほんとにどっちなんだろう!・・・(^^;)
(川崎展のreviewにかえて)

Posted by: ハルズ | Sep 26, 2006 at 05:17 AM

ハルズさん

なんだか難しそうなことを感じてたんですね!
どんなことなのかまだわからないので,川崎さんの作品展を見て感じることがあったら,また感想アップします。

Posted by: neco | Sep 27, 2006 at 10:08 PM

さわひらきさんって男ですよねえ!?
あれ違ったっけ。

Posted by: 通りすがりの者ですが | Oct 05, 2006 at 04:55 PM

ハルズさん

川崎さんの作品展見てきました。
うーん,ハルズさんの言いたかった事って,プロダクト・デザインはアートなのか?とか,そういうことでしょうか? 生産することを目的にしない作品もあったのでしょうか?

人口心臓含め,自然界の生物も数学的計算に基づく形を取っていたりするので,医療器具もそういう意味で機能的であり美しい形というのがあるんだろうなあと思いながら,それぞれのデザインを見てました。椅子などでは使いやすいという方向性からはずれた遊びのデザインもありましたけど,そういう分野ではアリですよね。

展示手法としては,あまりその意図が成功しているとは思えませんでしたけど・・・

Posted by: neco | Oct 05, 2006 at 08:07 PM

通りすがりさん

ご指摘ありがとうございます。確かに私が読んだ作品展の紹介を見返してみたら性別がわからない書き方になってたのに,作品から受けた印象で私が勝手に女性と思ったようです。
他でチェックしてみたら"his work"とか書いてあるものがありました。男性ですね!
本文も直させていただきます。

Posted by: neco | Oct 05, 2006 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/11906862

Listed below are links to weblogs that reference さわひらき作品展@メルボルン:

« メルボルン・スナップ | Main | ショック »