« April 2006 | Main | June 2006 »

神楽坂料亭体験

帰国後初の週末、やはり落ち着くことはなく東京へ。
お世話になった方の定年退職を記念し、懐かしい面々での食事会。

幹事はいつものように私ゆえ、お気にの神楽坂、しかもふらっと足を踏み入れる可能性ゼロの料亭にしちゃいました。金沢暮らしで料亭にも馴染みができた私ですが、東京だとなんかまた普通にお食事を楽しむのとは違ったイメージがあるので興味あったのです。

今後もほかにお世話になることはないだろうけど、以外にお手軽価格ですんで、まあもっと気軽に考えたらいいのかもね。

ほろ酔いで~す。
明日はカルティエ財団美術館展に行く予定。このところ目まぐるしく展覧会見てもblogにはあげられずにいるのですが、今回は期待大だし、風化するまえにことばにすると今宣言しときます…(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近況報告

Kicx1668こんな車を、広い空の下、地平線が広がる土地で運転してます。
ジャガーオーナーになることはあこがれだったけど、とりあえずレンタカーで達成?
乗ってみると、運転の感触としては今私が乗ってる車の方が好きだったりしてね。

Kicx1669

| | Comments (4) | TrackBack (0)

春の小川

Kicx1427

きらめきの手触りを知りたい?
きらめきのしらべを聞きたい?
ほら、ここにおいでよ

そっと手をのばしたら
春の光と音が、
君の手ではじけるよ

命を育てる
きらめきがはじけるよ


今年の雪は多くって、花の季節も遅れ気味。
北信濃の山里では雪解けのせせらぎが輝き、
その周りにはふきのとうの花が咲き、
ツクシの行列ができていました。

ドライブしていてこんな光景に出会うと、
得した気分です。

そしてただ通り過ぎるのではなく、
車をとめて愛でる時間をもてること、
それが休日の贅沢。

Kicx1433

ここから車で5分も下れば雪は姿を消し、
花が満開でした。
大雪でおれてしまった木も多かったようです。
つっかえ棒で何とか幹は残そうとしていたり、
今年は花をつけないその木も、
復活してくれるといいな。

Kicx1452Kicx1450

| | Comments (2) | TrackBack (0)

山里の春

Kicx1442

山里に今年も春は巡りくる
君の不在がまぼろしのよに(音呼)


今日はとってもいいお天気でした。

雪を残す青い山々
桜色をまじえた萌葱色の木々
雪が消え、乾いた色のぼんやりとした大地
軽トラックや耕耘機、せいを出す人たちが見える田畑

この時期の農村の風景が好きです。

明るい日差しの下そんな風景の中をドライブしていて、
ふとあなたのことを思い出しました。
去年は、あなたも一緒に乗っていましたよね。

あなたが逝ってもうすぐ9ヶ月
去年のGW
元気だったあなたの笑顔、笑い声を思い出しました。

あなたの知らぬこの春も、
いつものように美しいですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »