« ゲイ・コミュニティのためのワイン | Main | 21世紀美術館コレクション展Ⅰ »

春の嵐

雪原をひっくり返したような空
見上げてあびる
花散らし
(音呼)



いち。今日は美容院へ行って、少し髮の色を変えた。

に。でてきた雑誌ananの特集、オーラ判定テストの結果は「女猫オーラ」。

|

« ゲイ・コミュニティのためのワイン | Main | 21世紀美術館コレクション展Ⅰ »

Comments

花散らし
見下ろす川辺に
萼の紅 萌えゆく山の衣替え
(素太郎)

…いまいち。
どうも語呂合わせようとしちゃって
ダメだね。

仕事に余裕があったら大阪に
"桜の海"を見に行きたかったんだけど
結局行けずじまい。かなしー。
この雨でもう散っちゃうだろうなぁ。
まあ生きてりゃ来年もあるさ。
いつか金沢行くどー。

Posted by: 素太郎 | Apr 12, 2006 at 12:43 PM

春の宵
真冬のように青白く舞い上がる
花びらの道に立ち
   (ハルズ)
 ども、素太郎さん、相変わらず歌うまいですねー。necoさん春なのに、冬の情景ひっくり返したような歌、ちょっと厳しすぎます(^^;)
と僕も少し厳しい春の始まりです・・・。

Posted by: ハルズ | Apr 13, 2006 at 09:54 PM

素太郎さん

金沢は今週末が一番いい週末だったと思うけど、お天気が今ひとつ。しとしと雨の中の桜は悪くないけど、歩くのはおっくう。
しかも明日からは晴れマークなのがなんともね。
早く遠出できるお休みとれるといいですね!

Posted by: neco | Apr 17, 2006 at 12:15 AM

ハルズさん

コメントで短歌の競演なんてすごいな~

あまり厳しいイメージでつくったわけではないんですよ。強風の日の空の雲がちょっと見たことない景色をしてて、面白かったもんで。
目に映る空は寒々しいんだけど、吹き付ける風や雨自体は冷たくなくって、逆に春なんだなあって体感するような。

雪国の春って、雪山と桜が一緒に見れたり、季節がオーバーラップしながらゆっくり動いていくところが好きなんですよね。金沢より寒いところなら、雪山に桜に菜の花とか、冬と春と初夏まで一緒にいたりするんだもの。

Posted by: neco | Apr 17, 2006 at 12:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/9541534

Listed below are links to weblogs that reference 春の嵐:

« ゲイ・コミュニティのためのワイン | Main | 21世紀美術館コレクション展Ⅰ »