« February 2006 | Main | April 2006 »

ひさびさのわが家

帰国した金沢はなんと雪が舞っています!!!
さくらはまだ遠い~

調子を整えてから、また旅の続きのこともアップしていきますが、とりあえず。
今日は写真のみのにコメント書き加えました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

太平洋北上

KICX1355

常夏の地を離れ、再び寒いところにやってきました。
でも、桜はもう終わり頃で、おそれていたほど寒くはない。
っていうか、ホテルのアウトドアプールでは既に泳いでいる人が!!!
まだ最高気温15度くらいなんですけど・・・・・・

私はと言えば久々のオフをむさぼり、まるまる24時間ベッドで過ごしたかも・・・
2度目の土地なので、観光もしたらいいかもしれないけど、それより休息がなによりなお年頃になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知城型教会

Kicx1348ホノルル市街のアラモアナショッピングセンターより山側に10数分歩いたところに、写真のマキキ教会(参照)があります。
もー、一目見て、説明入らずに日系人の教会なんだろうなあ~って姿。
ホノルル美術館にてくてく歩いて行く途中に出会ったのだけど、地元では有名でも日本ではそれほと知られていないと思うので(私は知らなかった!)のせてみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Shopping

日本語を国語/公用語とする国は日本だけだけど、日本人観光客のパワーは日本語を流通させていく。
そんな街では、ちょっと笑える日本語あるいは日本っぽいものの表現を見つけるのも楽しみのひとつ。

KICX1345KICX1344

“MISO PRETTY”!?

ミソスープで広く海外でも知られるあの味噌?
「スキヤキ」みたいなものでしょうか・・・・・・
しかし、「プリティ」とのあまりのミスマッチさがどうにも。
サケ入浴剤とか、スパラインをそろえてるんだけど、ほんとに、商標に違わず日本人にもエキゾチック!
あまりに魅力的なパッケージングに思わず手が伸びそう・・・・・・

KICX1347というのは思いとどまり、いろいろ買ってみたのは日本にはショップのないbebefitのコスメ。
こちらもマリリンモンローな時代のグラマラスかつポップなパッケージがかわいいのだけど、さらに魅力的なのはそのおもちゃみたいな外観からははかりしれない高機能。

可愛いパッケージからは若い子向け?と思えるのにけっこうエイジングケアもあり、カタログを見るとモデルの年齢層も高めだったりする。使用前・後の比較写真はまさに驚きモノ。
気になるしわやあら、たるみがなかったことに!
みたいなベースメーキャップがずらり。
なのにお値段はお手頃。成分表示もしっかり。

しっかりお肌をつくった上には光りもの。
仕上がりイメージはキュート&グラマラス。
商品説明もセクシーで面白いので、機能を確かめるためでなくともカタログはキープしたい。
ちぃっちゃい牛乳パックみたいな試供品のパッケージも可愛い。

お買いあげの中でも当たりはスーパーガールがレスキューしてくれるアクネケアライン
コスメランキングで上位のものなどいくつ試してもコレという物に出会えずにきたけれど、コレは!という予感が。
夜用美容液は使用2回でかなり効果を感じるし、ペンシルタイプのアクネケア用コンシーラーもすごく使いやすい。

チューブのイラストが可愛いリップケアセットもほしかったのだが2店まわるも売り切れ続き。
ないとなるとさらに探したくなるんだよなあ・・・・・・

【追記】
その後国境をまたぎ無事Lipscriptionゲット。
ちょっと高上がりになったけれど、リップクリームやジェル美容液ともまったく別物の仕上がりの質感は、お金出して損なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Let's dive into the bleu!

KICX1315

KICX1280

KICX1287

KICX1294

KICX1300

唯一の観光っぽい観光
潜水艇ツアーはギネスにも登録されてるまさに世界一の観光ツアー!
潜水してるのは40分程度で1万円くらいと安くはないが、まあせっかくですしね。
ただし、潜水するときと上がるとき、かな~り気持ち悪い!
遊園地のパイレーツが5倍くらい小刻みで長くなった感じ?
私たちの前に上がってきた客がみんなどんより&ふらふらしてた理由が実際もぐってみてよくわかった。
私は船酔いはしない方だけど、それでも危なかったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

A Day on a Beach

KICX1273

KICX1272

KICX1320

日本でもっていたワイキキのイメージは・・・・・・
人があふれ、海水浴に日光浴、サーフィン、ヨット、ショッピング。
でも、一方で、そこには穏やかなリタイヤ・ライフがあった。

メインストリートは夜になるほど人であふれる。
その喧噪を眺めるシェラトンホテルのデッキには、ホテル同様白い椅子が並べられ、そこにはおじいちゃんやおばあちゃん達がずらっと、日がな一日というように、まるでアメリカ映画のシーンそのままに、のんびり時を過ごしていた。

ビーチ沿いのベンチでも、年齢層高めな人々が、海を眺めながらおしゃべりを楽しんだり、本を読んだりしている。
東屋の一角では、テーブルを囲んでチェスに興じる男達も。こちらは旅行者ではなく地元の人っぽかったが。
ビーチに出て日光浴したり、手をつないで歩いている老齢のご夫婦の姿も多い。

私も後ウン十年はびっちり働くとして、その後はこんな過ごし方をするゾ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Let's seil for...

KICX1249

KICX1326

KICX1331

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sea Breeze

KICX1229

みんながバケーションにくるこの土地で
毎朝8時過ぎには仕事に出かける日々
でも、日があるうちに家路につく生活は悪くない

夕暮れ時
ヨットハーバーを間近に見下ろすベランダ
耳には行き交う車の喧噪
顔にはなまぬるい海風
目には徐々に色を変えていく空と海辺の街並
口にはこの土地のビール

そう、まったく、悪くないね

KICX1233 KICX1239

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画/「みんな誰かの愛しい人」

2004年 フランス
アニエス・ジャウィ監督
------------------------------------

あなたを嫌いになったりしないで

誰があなたをかえりみなくても

あなたはあなた

それはあなたではなく

彼等の問題

だから自分をおとしめたりしないで

「ほらね。」なんて言わせないで

そのたび怒りまくってる

あなたを想う誰かのためにも

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旅立ち

いつものことながら、行き先での分としばらくあける日本での分と、めにめちゃくちゃハードな日々をのりこえ、明日からしばらく旅の空です。

出先では健康的な生活をおくるのが定番。

出かけるために不健康な日々を送り、出先でそれを回復したあたりで、再びそこそこ不健康な日常にもどる。
なんか変なサイクルだけど、まあ、そんなもんだ。
そういう起伏がないと私はつまらないと感じてしまうんだから。

今度はあったかいところ&はじめてのところなので、かなりワクワクです!
帰ってくる頃には金沢の雪もすっかり消えていることでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

なにもしないをするひつよう

いろんなことがうまくいかないときは
どうしたらいいんだろう

あがいてもむだにおもえるときは
どうしたらいいんだろう

がんばっても
だれかがみてるわけじゃない

じぶんのなかにはのこる
むだなことなんてない

それもがんばりにきこえるときは
どうしたらいいんだろう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝ですね・・・

ひやー
今、朝6時半過ぎ。

今帰りなんですけど、ええ、仕事から・・・
徹夜は久しぶり。
充実感もありつつ、でもまだ終わってないし。

間に合うのか
間に合わせちゃうのか
諦めも必要か!?

今日の分の出勤はどうしようかな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「近代工芸の百年」@MOMAT

前日とはうってかわって雨の日曜日、MOMATへ。

MOMATを訪れたお目当ては、美術館の「渡辺力:リビングデザインの革新」と工芸館の「近代工芸の百年」。両方見て420円とは、公設美術館はこうでなくっちゃ。

Continue reading "「近代工芸の百年」@MOMAT"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脳内麻薬

今日のプールで異変が!

身体がほかほか燃焼してる感じがきて、いやーがんばったなってところであがるのが常。
だけど今日、その後今までにない感覚。

身体以上に脳が熱い!
何コレ?

その後、何か確認するように、休まず泳ぐ、泳ぐ、泳ぐ・・・
疲れも、苦しさも、もう何も感じない。
なんかどこまででもいけるような。

その違う世界に飛び抜けちゃいそうな感覚は、魅惑的でありつつ怖くもあり、もう一人の私は、「あんたそんなに体力ついてるわけじゃないし、今は神経がイッちゃってて大丈夫でも明日どうなるかわかんないよ!」と忠告する。
もう距離はわかんないけど、そうムチャはしなかったはずだ。

あれが世に言うランナーズハイという現象なのだろうか。
まさに、映画『イン・ザ・プール』で田辺誠一が言ってたヤツだな。

なるほど、依存症になるのもわかるかも。
私のリミッター完全解除の日も近い!?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »