« お絵かき | Main | 朝焼けの街 »

東京タワー

仕事のため今日から東京。
今回は臨海エリアに所用のため、初めて再開発された汐留に足を踏み入れた。

六本木ヒルズもしかりだが、こういう大規模再開発エリアって、みんな方向音痴につらいところなのかしら!?
不慣れな人間に不親切な街でいつも思うことだが、どこにどういう案内板をつけるべきかコンサルタントしてあげたい!
バリアフリーに関してはそういう仕事がなりたってるようだけど、おのぼりさんがたくさん来ることを見込むこういったエリアなら特に、方向音痴さんによる案内板コンサルタントもありなのでは。


週末まで滞在するホテルのフロントのバックには、目の高さに光り輝く東京タワーがドーン!
おおー!っというお出迎え。
2006の文字は、まだ新年であることを思い出させてくれる。

それ以外の実質的サービスは、ワンランク下の価格帯のホテルとあまり変わらないというか、部屋もクローゼットも小さいんだけど、まあ、シチュエーション代ですかね。


明日の夜はカレッタ汐留でもう10年以上ぶりの友達に会う。
最後にあったのは確か彼女の結婚式。
その後、彼女は二人の子どもの母になった。
年賀状でしるその子どもたちの成長。
もうずいぶんおしゃまな年齢層に達してる。

すごいなー。
あの頃は、毎日のように一緒にいたのにね。
どんな顔をしてるんだろう。
どんな風に話すんだろう。
私たち、昔みたいにつきない話が今もできるかな?


東京タワー

近づくほどにビルに隠れ、見失ってしまう。
一つの曲がり角、通りの違いで、気まぐれに顔を見せたり隠したり。
目印になるようでならない、どでかいキャンドル。

あの頃いだいていたいくつもの光の種。
いくつ残っているだろう。
その後見つけた光も、ときどき見失ってるかも。

でも、
光が見えないいくつもの角を曲がって、曲がって、
それでも確かに、何か輝くものを目指して歩いてきた。
きっとあなたもそうだよね。

たどりつけるか、ついたのかなんて、
そんなの、死ぬまでわかんないじゃないかな。
何かに向かって歩き続けられること。
それ自体が大切だって、いつからか感じるようになったんだ。

それぞれの「何か」に、歩き続けてきた日々に、明日は乾杯しようね。

|

« お絵かき | Main | 朝焼けの街 »

Comments

大規模開発されたところって、確かにわかりづらいですね。。。
行くたび迷子になります。
モノがデカイから細かいところまで作りこめないのかな。

Posted by: はまじ | Jan 17, 2006 at 11:56 AM

はまじさん

ホントに、デカイから細部まで手が回らないらしいです!細かいとここだわってもデザイン重視で使い勝手ではないとかね。
実は、その会った友だちが勤めてる会社がカレッタも六本木ヒルズもやったんだそうで・・・・・・。文句を言ってから判明し、「大きいもんね~」とお茶をにごしました(^_^;)

Posted by: neco | Jan 18, 2006 at 08:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/8133637

Listed below are links to weblogs that reference 東京タワー:

« お絵かき | Main | 朝焼けの街 »