« モノクローム | Main | eAT'06 KANAZAWA セミナー »

映画/ヘイフラワーとキルトシュー

hayflower2002年 フィンランド
カイサ・ラスティモ監督
公式ホームページはこちら


激烈にかわいい!

メルヘンなお家で、ちょっとへんてこなママとパパと暮らすちっちゃな姉妹。
家のことを一手に引き受けるよくできたお姉ちゃんのヘイフラワーはもうすぐ小学校に入学。それが不安でたまらないのは、いつも言うことを聞いてもらっているわがままなキルトシュー。
その一家と不思議なお隣さん、気のいいおまわりさんとで大騒ぎ!な童話の世界まんまな物語。

hayflower2キャラクターもいかにもファンタジーなんだけど、それがホント、かわいくってほほえましくって、きゅ~んとくるのよね。
ファッションや小物、インテリアもとってもカワイイ。
北欧デザイン好きならシーンを止めてチェックしたくなるかも。
ヘイフラワーが被ってるストローハットとキルトシューのウールのブーツ、それからママが最初の方で着てる半袖ニットが特にお気に入り!

パパはおイモの研究をしてて、食卓には毎食ただごろごろとおイモが並ぶ生活。
スパゲッティが食べたいと毎食叫ぶキルトシューは学校ではスパゲッティが出るという噂に興味津々。
今度入学するお姉ちゃんが羨ましくて仕方ない。

しかし、小学校新入生への準備通知には、「靴の紐が結べることと」とかと並んで「おイモの皮がむけること」ってほんとにあるの!?
公式サイトのフィンランド情報によれば、確かに食卓にジャガイモは欠かせないらしいが、でも、それほどなんでしょうか・・・・・・

ハッピーが足りないときにみるとよいかも。
フィンランド語の響きも独特でおもしろい。

|

« モノクローム | Main | eAT'06 KANAZAWA セミナー »

Comments

小春日の匂い漂う冬枯れの
影に解けゆくのこり雪かな -素太郎

生きてました。
身辺も慌ただしいまま、なんとなく平らかにというか、何もかわらずというか…。
まあそんなとこです。
明鏡止水の如くあれ。と勝海舟の言葉を思い出してしまった今日この頃。
いかがお過ごしでしょうか。

ファンタジーにひきこもろうかな…。

Posted by: 素太郎 | Jan 28, 2006 at 12:50 PM

こんにちは
この映画、観た~い!
でも東京は上映が終わっちゃったみたい。。出遅れたっ
心がかさついているので、潤いたいです・・・(T-T)

Posted by: azumi | Jan 28, 2006 at 04:10 PM

そたろさん

ご無事で何よりです~!
新年早々ですし、まずは何事もないのがよろしいかと。

女性11人と同居男性が逮捕直前インタビューで、「結婚するなら5人以上とすると円満になりますよ」と語ってました!
彼の場合かなりの作為があった模様ですが、多角形が円に近づくと論理出たー!っとびっくり。

Posted by: neco | Jan 29, 2006 at 12:59 AM

azumiさんどうも。

是非また金沢へ!?
金沢は2/3までですよ~(^^)

香川の記事拝見しましたよ。
記憶がよみがえりました。
せとうち美術館、ほんと景色いいですね。

eATの記事とか含め、あとでTBさせてもらいますね!

Posted by: neco | Jan 29, 2006 at 01:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/8337431

Listed below are links to weblogs that reference 映画/ヘイフラワーとキルトシュー:

« モノクローム | Main | eAT'06 KANAZAWA セミナー »