« LOVE 大阪のおばちゃん | Main | つぶらな瞳のバンビちゃん »

私って

ということを考えた。
人から投げられたことばから。

そうやって気づくことって多い。
けど
気づく前より途方にくれたりする。

こんな話だ。
人との距離感の問題。

生い立ちとかいろいろで、
私は人に依存することを危険だと思ってた。
たぶん、怖かった
なくすことが。

人を信じることさえできなくて、
そんな私は、
自分にも距離をおいていた。

そういう人間をかえる運命はあるもので、
それは私の最大の幸運で。

私の約4倍の時を生き、何十倍も深い傷を抱え、
それでもまっすぐほほえむことができる人たち。

それは、
大切な、大切な、
絶対的なあたたかさ。

自分の体温も、周りにいてくれた人の体温も、
感じられるようになった。

もう、怖くはない。
いずれ消えさるものを愛することも、
信じることも。

でも
私はやっぱり一人で立つ人間だ。
そして、やはり一人で立つ人間といることが
心地いい。

手をつないで歩く。
放したら歩けないわけじゃない。

支え合うっていうよりも、
二人で一人っていうよりも、
別々の人間が、手をつないで歩く。

そういうのがいい。

それって、ドライなのかな。
やっぱり人と距離をつくってるのかもしれない。

けど、そういう自分とつきあっていかないとね。

|

« LOVE 大阪のおばちゃん | Main | つぶらな瞳のバンビちゃん »

Comments

一人で立っていられる人、うらやましいです。
俺もそうなりたい。
最近、色んな人を遠ざけつつあります。
意識はしてないんですが、自分でふと、気づいたりします。

Posted by: はまじ | Nov 15, 2005 at 12:17 PM

はまじさん

望まなくてもそうなっちゃったって人が多いんじゃないかな。私含め。
そうなりたいって思ってるうちが華かも・・・

きっと、どっちでも、自分にないものやなくしてしまった物がうらやましく見えちゃうんだな。

人と近づくためにも、一度距離をとるのは悪くないって思いますよ。離れてみないと見えないものはありますからね。ほんとうに大切なつながりなら、そういう時期も見守ってくれるんじゃないかな。
ちゃんと戻ってきてはほしいけど。

Posted by: neco | Nov 16, 2005 at 12:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/7050727

Listed below are links to weblogs that reference 私って:

« LOVE 大阪のおばちゃん | Main | つぶらな瞳のバンビちゃん »