« 神楽坂夜話 | Main | 「杉本博司:時間の終わり」展@森美術館 »

イサム・ノグチ展@MOT

KICX092312月に計画している地中美術館&イサム・ノグチ庭園美術館を巡る旅の予習もかね、行ってきました東京都現代美術館。

金属だったり石だったりするのに暖かさを感じる物体
なぞりたくなる曲線
こういう作品は、触ってこそナンボと思うのだが・・・

そうしたら、柔らかな形状とひんやりした質感のなす妙
感覚の不協和な調和を感じられるのに。

そして、また行きたい場所が増えました。
札幌のモエレ沼公園。
モエレとは、アイヌ語で「ゆったり流れる」とうような意味だそう。
展示の説明では「静かな水面」とされていました。

地球を彫刻
ナスカの地上絵みたいな。
でもほんと、プレイ・マウンテンの景色を見てみたい。


遠い昔から、人は誰でも、夢のような景色を追い求めて来たのです。

イサム・ノグチ(上映ビデオより)




KICX0919KICX0912
KICX0914KICX0920

|

« 神楽坂夜話 | Main | 「杉本博司:時間の終わり」展@森美術館 »

Comments

おおっ、夕暮れ時に行ったんですね~。
やっぱりあの外に展示してある遊具の中、
写真撮りたくなっちゃいますよね~

Posted by: はまじ | Oct 31, 2005 at 10:20 AM

はまじさん

はまじさんも行ったのですね~
やー、ほんとは中入って遊びたかったんだけど、さすがにサイズ的に無理そうだったので、のぞき込むだけにとどめておきました(^_^;)

あそこ、駅から美術館までの道のりも楽しめますよね。商店街や下町っぽい小道の家並、町工場がいい味出してました。

Posted by: neco | Nov 01, 2005 at 12:24 AM

そうそう、あの辺りは昔、材木の町だったらしいので、そういう地元むき出しな感じが残ってるんでしょうねぇ。
俺も学生の頃ブラブラして美味しいパン屋を発見したりして、けっこう楽しんでました。
木場公園はでっかいけど、そのすぐ近くに、住宅街を縫うようにして水路に沿って作られてる小さな公園があって、そこも味がありますよ。

Posted by: はまじ | Nov 01, 2005 at 10:12 AM

はまじさん

詳しいですね~!
水路大好きなので、今度ゆっくり行ける時があったらその公園も探してみます。

Posted by: neco | Nov 01, 2005 at 07:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/6713977

Listed below are links to weblogs that reference イサム・ノグチ展@MOT:

« 神楽坂夜話 | Main | 「杉本博司:時間の終わり」展@森美術館 »