« 天 | Main | たまには遠くを見よう »

昨日、そして明日への

ことばを

胸につまって
つかえて
吐き出したいことばを

ことばにして
本当になってしまうのが

こわくて

かき消したい
黒い固まりのような思いが

ことばにすることで
本当になってしまいそうで

こわくて

ことばにすることで救われたいのに

「そんなことないよ
ちがうよ」

誰かにそういってほしいのに

そうあってほしくないけど
きっとそうだって
もうそうだってわかっているから

こわくて
つらくて
許せなくて

まだ受け入れられなくて

ことばにしようとした瞬間に
涙があふれてしまう

「そんなことないよ
ううん、そうかもしれない
そう思うのはそうかもしれない
でもそうであることも
そうでないことも
今は同じだよ」

気休め
でも
きっと

おこってしまったこと
できなかったこと
過ぎ去った
もうどう苦しんでも
あがいても変えられない
事実

そうか
そうじゃないか
どっちも真実で
どっちも真実ではない
答えを知る人のない問

誰も許してはくれない
許すことができるただ一人の人はもういないのだから
私が私を許すしかないのだから

だんだんと
だんだんと
受け入れていくしかないのだから

残された者は
記憶して
抱えて
生きていくしかないのだから

|

« 天 | Main | たまには遠くを見よう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/5578033

Listed below are links to weblogs that reference 昨日、そして明日への:

« 天 | Main | たまには遠くを見よう »