« ベルギー象徴派展@Bunkamuraザ・ミュージアム | Main | プトゥラ・ジャヤの夜景 »

迷うということ

bijutsutecho『美術手帳』6月号の特集は「物語る絵画」

このblogのアカウントは"stray cat”
小さな頃から猫という生き物に自分重ねることが多かった私は、パソ通を始めたとき、necoというハンドル名を使い始めた。
そして今もって、気分的にも現実的にも放浪者的である私。迷って困っているというより、むしろ積極的に、常に動いて、見知らぬ所へ自分を放り出してみることを好む。
不安定といえば不安定だけど、不安ではない。
そんな感じ。

さて,美術手帖。森美術館「ストーリー・テラーズ」展で見た鴻池朋子の記事が巻頭だ。
表紙絵は安藤正子。

たくさんの若手アーティストが取り上げられているのだけれど、その記事の、作家福永信による100%ORANGEの作品に対するコメントにこんな一節があった。

どんな小さなキャラクターでもたいてい何か言っているか、言いたげだ。そして堂々と道に迷っているような貫禄がある。迷子とは決まった道筋からの逸脱者だ。

ああ、そういうことか、とまた一つ自分が見えた気がした。
自分では覚えてない小さな頃から、そんな子だったと聞かされてきた。

そうなんだ。
これからも、できれば前を向いて堂々と、いろんな道に迷い込んだり、思わぬ場所に迷い出たりでみようじゃないか!
そう思った。

|

« ベルギー象徴派展@Bunkamuraザ・ミュージアム | Main | プトゥラ・ジャヤの夜景 »

Comments

いつもありがとうございます^^
リンクさせていただきました

Posted by: 美雨 | Jun 06, 2005 at 09:37 PM

こちらこそいつもどうも!
リンクありがとうございます。
こちらはずっとリンクリストなしにしてまして、ごめんない。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: neco | Jun 07, 2005 at 12:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/4399967

Listed below are links to weblogs that reference 迷うということ:

« ベルギー象徴派展@Bunkamuraザ・ミュージアム | Main | プトゥラ・ジャヤの夜景 »