« 贅沢な時間 | Main | ベルギー象徴派展@Bunkamuraザ・ミュージアム »

見倒し機内映画

マレーシア航空のいいところを一つと言われたら、機内エンターティメントの充実ぶり。
映画、音楽、テレビの録画映像、CD、ゲーム、オンデマンドでかなりの数から選んで楽しめる。

といっても、5月の往路ではエコノミーでは6~7本のチャンネル別繰り返し放映で、エグゼクティブクラスでも放映タイトル以外は個別に機材をかり出して見る形だった。それが、6月の帰国便では完全に搭乗クラス関係なしでオンデマンド。映画は数十タイトルから好きなときに好きな映画をみることができる。

おかげで、往路では2タイトル、しかも最後までみれなかった!のだけど、帰りは3タイトルをちゃんと最後まで見ることができた。3作目はちょっと早送りしながらでぴったりセーフ。
7時間前後のフライト中寝ることもなく見倒し。
テープの劣化のせいか、以前は作品によっては画像の乱れが激しく見てらんないものもあったのだが、デジタル化されてからは映像もきれいになった。

<見た作品>
ナショナル・トレジャー(英語音声 中国語字幕)
ハイド・アンド・シーク(英語音声 中国語字幕)
ミリオンダラー・ベイビー(英語音声 中国語字幕)
コンスタンティン(英語音声 中国語字幕)
リング2(英語音声 日本語字幕)

マレーシア、中国、韓国、インド等いろんな国、言語の映画がラインナップされてたのだけれど、ここぞとばかり普段みないハリウッドものをどっちゃりと。

中国語字幕で見てると、音が聞き難いときとか多少助けられるところもあるけど、こう書くのかとか、こう言うのかとか、そっちが気になっちゃうこともおくて微妙・・・。すべて日本語用意しろとは言いませんが、耳が不自由な人向けのサービスという側面とあわせ、英語字幕もあったらいいのに。

日本映画もあり。
5月は釣りバカ日誌。6月は石原プロものと、なんと「トニー滝谷」!
メジャーロードショウものじゃない芸術系のこの作品。
どういう経緯でセレクトされたのかちょっと気になる。
だって、なんたってほかが釣りバカと石原プロですよ。
地方暮らしで残念ながらトニー滝谷が見れないよう!!!という人はLet's Fly on Mlaysia Aiirですよ!?

|

« 贅沢な時間 | Main | ベルギー象徴派展@Bunkamuraザ・ミュージアム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/4398815

Listed below are links to weblogs that reference 見倒し機内映画:

« 贅沢な時間 | Main | ベルギー象徴派展@Bunkamuraザ・ミュージアム »