« 西南へ | Main | 見倒し機内映画 »

贅沢な時間

自分の生活が組み込まれている場所、自分の生活に組み込まれている場所を離れると、時の流れ方まで変わったような気がする事がある。

今もそう。
そして今回のそれは、幸いなことにゆったりと流れる方向へのものだ。

見渡すかぎり何もないといっていいだろう大地。ベランダに座って、少しなまあたたかい風を感じながら珈琲をのむ。
さっき上がったばかりのスコールのせいで空は灰色だ。空の大きさも、その表情も、遠くに来たことを感じさせてくれる。

一仕事終えたあと、ゆっくりと、食べ切れないほどの、しかも笑顔が出るおいしさの点心+αを、気持ちのいいサービスのなか時間をかけて胃に入れていく。ティーポットだけでも2回も入れ換えてもらった。

一人のランチにしては食べ過ぎだろうけど、これもほかでは出来ない贅沢だ。
テーブルオーダーの中華食べ放題で、この質で1500くらいなんだもの。

プールサイドで光を楽しみながら読書。暑さは、時々水面を渡ってくる風の心地良さをとびきりにしてくれる。

プールでのったり肌を焼いているのは見事に白人ばかり。私はめずらしったのか、ホテルスタッフに覚えられていた。しかし、ここにいる人達はみな、積極的に何もしない、そんな休み方を楽しんでいるように見える。

時間の使い方、感じ方、めりはりが大事なんだろう。自分で時間の流し方をうまくコントールする。そんな生き方の達人になりたいものだ。

|

« 西南へ | Main | 見倒し機内映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/4357095

Listed below are links to weblogs that reference 贅沢な時間:

« 西南へ | Main | 見倒し機内映画 »