« Let's Dive into Zero Gravity! | Main | 映画/偶然にも最悪な少年 »

東京都庭園美術館「日本のジュエリー100年」展

jewelley東京都庭園美術館で4/10まで開催中の「日本のジュエリー100年」展を見てきました。

ここは建物とお庭をみるだけもいい感じな美術館。
しかも今回は見るのは江戸末期の1850~1950年につくられた優れた職人技のジュエリー。
ルネ・ラリックのシャンデリアの下で見られるシチュエーションで、ジュエリーの魅力も数割り増しな素晴らしい企画。

ジュエリーというとそのカタカナの響きから石ものを想像しがちですが、そこは「日本の」ですから、和装小物なども充実。七宝に漆、金銀細工・・・、精巧な技に感動です。特にたーくさんあった簪はとてもおもしろい。伝統的な図案はもとより、ハイカラな遊び心あふれるデザインが思わず笑みを誘う。umeトランプや電球、ガス灯に灯をつける男、指・・・。こんな簪を挿していたのはどんな粋なおねーさんだったんだろうと想像せずにはいられない。
帯留めもまた然り。虫でもトンボは好きだけど、ムカデは微妙。

図案もたくさん展示されてますが、ほれぼれしますね。teienG
12月末には夢二の図案展を湯涌温泉夢二館でみて、ミナ・ペルホネンかと思わせるその新しさ、美しさに感動したものですが、今回もまた江戸・明治・大正期のデザインの、けっして錆びることのない素晴らしさを感じました。

職人の技の粋、まさに芸術なのですな。

|

« Let's Dive into Zero Gravity! | Main | 映画/偶然にも最悪な少年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/3208957

Listed below are links to weblogs that reference 東京都庭園美術館「日本のジュエリー100年」展:

« Let's Dive into Zero Gravity! | Main | 映画/偶然にも最悪な少年 »