« オタワ便り1 | Main | オタワ便り2 »

まっすぐ育ってね

今朝のTVニュース(こちらは今朝9時過ぎ)で、昨年12月の東南アジアの地震で生き残った子どものために、ユニセフへの寄付を募ったパキスタン系カナダ人小学生の男の子が紹介されてました。
彼は実際親と一緒に被災地を訪ねたんだそう。
「なぜ?」とインタビュアーに尋ねられ、彼は応えました。

「僕たちが彼らのことをケアしていること、彼らの身に起こった悲劇のことを忘れていないことを伝えたかった。」

うー、朝から泣けてきました。
甘いですか?

でも、現地を訪れた彼をおさえた映像には、彼の途方にくれたような表情、畏れの表情がありました。
その気持ちは、同じ子どもとして、親を亡くした、何もかもなくした子どもたちへの本当のケアの気持ちだと思うのです。

食べるものもないとき、ものをいうのはやはりお金でしょう。彼は随分たくさんのお金を集めることに成功しました。その寄付に応じた人たちの思いは様々でしょうが、でも、彼は実際大変な境遇にいる子どもたちを具体的に救うことに貢献したわけです。あの幼さで。

そして、でも、人はパンのみに生きるにあらず。心を救うのは心です。
誰かが、遠いところからでも、自分のことをケアしてくれている。
あたたかさをうしなった心をあっためてくれるのは、そんなことだろうと思うのです。

カナダには全世界からの移民がいて、それぞれの人々が、それぞれのルーツの国を思っているのでしょう。そして、その結果としてなされた行いは、カナダ人の貢献として記憶されるでしょう。合理的な外交だけでなく、こんな風に人間が世界の国々とカナダを結んでいくとしたら、それってすごく素晴らしい。

と、朝からちょっといい気分なのでした。

|

« オタワ便り1 | Main | オタワ便り2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/3514446

Listed below are links to weblogs that reference まっすぐ育ってね:

« オタワ便り1 | Main | オタワ便り2 »