« 雪降る街の坂の上 | Main | 「一番」短歌6 »

f

けっして派手さはないけれど
咲らっていてくれないと不安になるような
空気を支配しはしないけれど
その質感をちょっと柔らかくするような
そんな花をいつも隣に



先週末もらったお花↑、まだまだ元気
春らしいかわいい色のお花があると
部屋の空気がやわらかくなる感じです
今日は嵐みたいな天気だけど、春は近い!

|

« 雪降る街の坂の上 | Main | 「一番」短歌6 »

Comments

春近し。

薄紅色の ゆらぐ花びら
萌葱色の ほころぶ蕾
浅葱色の すみわたる空
金糸雀色の かがやく太陽

でも今はまだ 風が冷たいから
握った手は 離さないでおいて

濡羽色の 艶やかな髪
薄桃色の 暖かな頬
紅梅色の 柔らかな唇
緋色の なめらかな舌先

でも今はまだ 瞼を閉じたままで
瞳の色は 後にとっておきます

パステルの色が足りなくなる前に
今夜はもう おやすみなさい
-------------------
うー眠い。疲れた。
自分のブログに書こうと思ったけど
花の写真を見かけたのでこちらに持ってきました。
帰ろ~っと。おやすみん。

Posted by: そたろ | Mar 18, 2005 at 12:01 AM

そたろさん

毎日遅くまでお疲れさまです。

この写真がひきよせましたか?
この色と切り取り方気に入ってるんですよぉ(^^)

とってもうふふな(?)詩ですねえ~!
春、アルコールっぽい桜の香りが充満してくると、なんとなく感じる気配ってありますよね。
うん。

というか、「自分のブログ」って!?
今まで私に秘密にしてましたね!
今度は是非URL入れてコメントして下さいね~
詩のTBも大歓迎ですよぉ。

Posted by: neco | Mar 18, 2005 at 06:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/3332106

Listed below are links to weblogs that reference :

« 雪降る街の坂の上 | Main | 「一番」短歌6 »