« あたらしい年に | Main | 遅まき仕事始め »

温泉はじめ/馬曲温泉

DSC01639m2日間降り続いた雪もあがり、新年初の日差しが降り注いだ2日、だーいすきな馬曲(まぐせ)温泉に行って来た。
長野県木島平村に位置するこの温泉までは、のどかな農村風景、連なる山々の景色を楽しめるのだけど、今は真っ白な世界。
木々には雪の実がたわわにみのっていて、日差しをあびて少し溶けてきたところなど、きらきらしずくがかがやいてことさら美しい。柿の実がのこっている木の白く雪をかぶったものもまたなんともいえない風情だ。

温泉は山を登った所にあるため、かなりの急勾配を登ることになる。もともと景色がみたい私はきまって昼間にいくのだけれど、特に冬場は道が凍っているとかなり要注意。
そんな場所柄もあってかどうかは不明だけど、1980年代までこの温泉は地元の人たちだけが立ち寄るようなところで、施設も簡易な無料の温泉だった。それがその後の村おこし的温泉ブームも手伝って、建物も整備され、料金が取られるようになると、たくさんの人が近隣からも行くようになった。私が行くようになったのもこの頃で、以前木島平村の友人がこの温泉がいいと言っていた時には全然真面目に聞いてなかったくせに、一発で気に入ってしまった。
私同様この温泉のファンになる人は多いらしく、その後人気は高まるばかり、メディアでも紹介されるようになっていく。数年前には宿泊施設もすぐ下にできて、逗留もできるようになった。
私が行き始めた頃の利用料は200円台だったと記憶しているけれど、その後何度か値上げがあり、昨日行ったらついに500円になっていて驚いた。この近隣のほかの立ち寄り温泉が300円代であることを考えるとかなりのブランドになったようだ。

DSC01643m
露天風呂の脱衣所 つららがいい感じ

でもまあ、それだけの道のりをやってきて、高めの料金を払ってでもこの温泉に入りたいと思う魅力はある。
それは何と言っても露天風呂からの景色。内風呂と露天が完全に離れていて、露天には洗い場がないのでお風呂として利用したい者にはけっこう手間なのだけど、それでも断然露天風呂!
昨日はまた、久々に出た太陽のまぶしい日差しをあび、その日差しにかすむ山々と山間はるかに里の景色を見下ろしながら入る温泉は格別だった。湯客のみなが「気持ちいいね~!」と感嘆していたが、まさに同感。新年らしいすがすがしさを満喫した、極上の温泉はじめになった。
雪景色もいいし、夏の緑の山と水田の景色もまたすばらしい。いずれの季節でも、この露天風呂からののどかな山村風景はほんとに気持ちをほっこりさせてくれる。

DSC01647m
女性用露天風呂からの眺め

休憩所では地元のお土産物も売っているし、簡単な食事もできる。いわゆるおそばとかね。私はわざわざここで食べたことないので味はわからないけど・・・
ちょっと下ったところにはお食事どころもあって、昨日はやってなかったけど、夏場はテラス席で景色見ながらビールなんて飲んだら気持ちいいだろうな~といつも横目で見ながら通り過ぎている(ドライバーなんだよね・・・)。

|

« あたらしい年に | Main | 遅まき仕事始め »

Comments

私も3日に地元で温泉はじめしました。500円で雪見の露天。ほんで「つらら!」っとかさけんじゃった。やること似てるなあ・・・。どこぞの百万石もいいけど、「ふるさとのなまりなつかし」の「じもぴーの湯」もおつだよね。

Posted by: なぐものも | Jan 07, 2005 at 01:00 AM

「ふるさとの山にむかいて言うことなし」なんてのもいいよね。啄木さんはほんとしみじみだぁ

つらら!
子どもの頃どんだけ長いつららが折れるか競争とかしなかった? 私一度最大直径20cm、全長2m近いつららを根本からとるのに成功して、すごい歓声をあびたことがあったのよ!
思い出した~(ほのぼの)
あとつららよくなめながら帰ったりして、あれは衛生的に良くなかっただろうなあ・・・

Posted by: neco | Jan 07, 2005 at 09:40 PM

こんばんわ。
馬曲温泉、いいですよねー。
この温泉に浸かりながら山々を眺めていると、たまった疲れがゆっくりと抜けていきます。
木島平にはご縁がありまして、お米も毎年木島平の方から買っています。亡くなった義母と一緒に入った最初で最後の温泉もここでした。

Posted by: エイプリル | Jan 08, 2005 at 11:39 PM

エイプリルさん
わー、馬曲温泉ファン同士だったのですね(^^) 
しかも、とても大切な思い出の地になっているのですね。

木島平村はこのところの市町村合併の波にも乗らず、自主独立でいくことを選択しました。以前より福祉などにとても力をいれていたし、小さくて顔が見えるコミュニティならではのあったかさをずっと大切にしていってほしいなあと感じます。

私の出身地は合併で振られてしまった方なので複雑なんですが、でもなんでも大きくなればいいってもんじゃないですよね~

Posted by: neco | Jan 09, 2005 at 12:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/2455502

Listed below are links to weblogs that reference 温泉はじめ/馬曲温泉:

« あたらしい年に | Main | 遅まき仕事始め »