« 「おもちゃ」短歌1 | Main | 「おもちゃ」短歌3 »

「おもちゃ」短歌2

おもちゃ箱だって無限じゃなく底があるからみつけられるんでしょう(音呼)


どらえもんのポケットだって、ほんとに無限なら入ってるのは無くしてるのと同じになっちゃうって。

「あなたの中に眠っている無限の才能」とか、「個性」とか、そういうのはうまくだまされてる感じ。
神様からもらってきたものを見つけようとするより、今いる場所で何をするかだと思う。

周りを見ようとしないで見えてくるものはないし、何にもぶつからないで磨かれていくものもない。

|

« 「おもちゃ」短歌1 | Main | 「おもちゃ」短歌3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/2563556

Listed below are links to weblogs that reference 「おもちゃ」短歌2:

« 「おもちゃ」短歌1 | Main | 「おもちゃ」短歌3 »