« 和ワインと過ごす夜 | Main | 「夢」短歌 1 »

山里の温宿で海の幸なのだ!

今日は「金沢の奥座敷」湯涌温泉に来ています。
和倉、山代、山中といった有名温泉地が居並ぶ石川県において知名度は低いでしょうが、だからこそ、の良さがあるのです。

なにより静か。ほんと、いい意味で自然以外何もないので、木立を眺めながら柔らかな湯につかり、せせらぎの音を聞く、そんな、ごくあたりまえなようで、なかなかない時間が過ごせるのです。小規模のアットホームな湯宿がほとんどで、価格帯も比較的優しいのも嬉しい。

金沢市内中心部から車で20分程にあるという場所柄から、仕事帰りに立ち寄り湯で「ほっ」っということもあれば、宿で入浴つきのお食事会、今の時期なら金曜夜は忘年会!っといった具合に地元住民の憩いの場でして。今日もお風呂の中で聞こえる言葉は金沢弁ばっかりだったり。まあ、観光客は休日前ですか。

日本酒は寝ちゃうため普段自粛の私も、今日は解禁です! 寒ブリにクイ!、香箱蟹にクイ!、蓮の揚げだしにクイ!。ふはは。
ちなみに香箱蟹はズワイの雌のこの地方の呼び名。蟹漁解禁後、「もう香箱食べた?」が挨拶になる時期あり。

もう、「極楽、極楽」って言っちゃいますよ。明日は朝風呂して、美味しい朝ごはんを食べてから、温泉から出勤なのですぅ!

(しかも、また別のメンツで来週も温泉で蟹~な予定が入ってたり…)

041219_2001.jpg

|

« 和ワインと過ごす夜 | Main | 「夢」短歌 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/2315950

Listed below are links to weblogs that reference 山里の温宿で海の幸なのだ!:

« 和ワインと過ごす夜 | Main | 「夢」短歌 1 »