« いつもの12月 | Main | サザエさん »

命の値段

毎日新聞の記事「牧太郎のここだけの話:カネの切れ目が・・・」を読んで、この前見たTVドキュメンタリーのことを思い出した。

臓器提供の意思表示をしていても、その意思がいかされない現実を含め、臓器移植医療が進まない日本の現状を告発する内容で、登場したある男の子は、8000万円もの費用を寄付で集め、アメリカへと渡っていった。そして、もう一人スポットをあてられていた女の子は、宣告された自分の余命より遥かに長いだろう待ち時間覚悟で、日本での患者リストに登録した。

だから、高額の費用を工面しなくてはいけない外国での治療ではなく、日本国内で治療を受けられるようにしようではないか・・・というのが主旨だったと思うが、私の気にかかったことは、番組制作者が意図したこととはちょっと違った。それは、そんな高い寄付金をたった一つで集められる命もこの日本には存在するのだ、という思いだった。

番組に登場した男の子の命を救う費用は8000万円だった。
救われる手だてがないわけじゃないが、すっごくお金がかかる。
本人や家族にとっては、お金の額がいくらだろうと、そりゃ助かる方法を追い求めたいだろう。
すごいのは、それだけの寄付金が集まったということだ。その命はそれだけのコストをかけても助かるべき命だと、そう思った人がそれだけたくさんいたってことだから。

日本って、経済的にもだけど、精神的にもまだまだ豊かなんだと思う。
だけど、その命の「値段」を思うと、ちょっと割り切れない思いが残った。
比べものにならない少額のお金がないために失われていく命も、一方でたくさんある。
その命は、「助かるべき」じゃなかったってだけのこと、なんて割り切れない。

unicef.jpg私は、ユニセフのマンスリーサポートというプログラムに参加している。
毎月数千円寄付するだけで、いろんな病気から子どもを守るビタミンAカプセル(1年分)5,000人分になったり、下痢による脱水症から子どもの命を守る経口補水塩4,909人分になったりする。こちらでは、命の単位は何百何千、しかも死の原因の多くは日本では考えられないような病。
8000万円あったら、いったい何人の子どもたちが無造作に死んでいかずにすむのか、比べられないことだと思っても、でも、考えてしまう。

お金次第で、助からない命も助かる「先進国」と、助かる命も助からない「発展途上国」。
命の重さはみんな同じなんてきれい事はきかない。

自分の生活から遠くにある、しかも、そんな状態が日常になってしまっている、顔の見えない無数の子どもたちの命に対して関心を持ち続けることはかなり難しい。
けど
それを忘れてしまえる環境にある私だからこそ、忘れ去ってしまうわけにはいかないと思ったり。
なんとなく始めたマンスリー・サポートだけど、忘れっぽい私にはやっぱり良かったかも、と思う。それに、1度に何万も寄付できるわけじゃないしね。

|

« いつもの12月 | Main | サザエさん »

Comments

 僕は日本は精神的に豊かだとは(今は)決して思ってないです。それはいたるところで、見受けられ、あるいは変質し、今の日本の社会の問題の核心になっていると思う。日本で助からない命はたとえどこに言っても助かる事はないと思う。あなたが今健康でいられたと言っても、それが日本の全部ではないでしょう。世の中にはいろいろな人がいます。あなたの知らない問題を抱えていたり、・・・また日本の全世帯の何%かは何らかの理由で今でも生活保護を受けて生活してるのです。
 日本は開国して日が浅い為、実はまだ欧米的な合理的思想に基づく自由主義や、民主主義、を、未だに消化できないままここまで来てしまったのが原因だと僕は考えています。それより・・自分の健康の為にジョギングしたり、またタバコやめたり(僕は吸わないですが)、運動したり、・・かな?

Posted by: ハルズ | Dec 08, 2004 at 03:03 AM

ハルズさんのいうこと、地球上の極一握りの命しかカバーしてない「先進国」間の議論としてはよくわかりますよ。日本の中の問題も、すっごくたくさんあるって、私も思ってます。

でも、ここで私が「豊か」だとちょっと皮肉を込めて、またその豊かさを振り分けて欲しいという願いも込めて言っているのは、安全な水さえ手に入れられず、生まれてきた子どもたちが、世界なんてほど遠く、自分が誰かもしらないまま何百人何千人単位で死に直面している世界に対してなわけで。

「精神的な豊かさ」についても、そういうこと真面目に議論できる時点で、それだけの特権をすでに得ているのだと思うのです。生き抜くことで精一杯だったら、生活の質とか、精神性なんて、お話しにならないでしょ。他人の命のために寄付することだって、気持ちに「余裕」がなけりゃ、なかなかできない。

まあもちろん、ハルズさんも、そんな人々に対して「生活保護」を受けてる人がいるくらい日本は「貧しい」んだなんてこと言おうとは思ってなくて、日本社会の問題を指摘しておきたかったんですよね?

Posted by: neco | Dec 08, 2004 at 03:02 PM

 ユニセフは僕もやってます。もう8年ぐらい、月々1万円ずつ払ってます。でもそうだからと言って特になんとも思ってません(笑)。あれはあれで、無理やり金儲けの為に(つまり・・目的は世界の途上国の為とか、子供たちの為、と成りますが)お金を集めてるだけで、かなり手ひどい送りつけ募金かなんかで、人々を煙に巻きながらお金集めしてるだけだと思いますよ(笑)。緊急募金とか言う時には、5万円とか、6万円とか募金した事もありましたが、(戦火のひどい所はすぐに送らないで、3ヶ月とか、半年後とかに送ったり)戦争はひどいですよね、ホントに。僕はこう見えてもあまり保守的に何もしない日本がいいとは思ってなくて、やはり世界に対する責任は、きちんと取るのが道義だと思ってます。自衛隊が多国籍軍に参加するのはもう遅すぎるぐらいで、あまりにも当然ですが、僕は賛成です。それから日本はもう充分お金を出していますし、出せる国になってると思いますよ。臓器移植については当然ですが、僕は反対です。やっぱり「お前の命をくれ!」は間違いだと思います。何か間違ってますよね。・・以上です。

Posted by: ハルズ | Dec 10, 2004 at 06:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/2136137

Listed below are links to weblogs that reference 命の値段:

« いつもの12月 | Main | サザエさん »