« 「夢」短歌 1 | Main | 「夢」短歌 3 »

「夢」短歌 2

飛ぶんなら ぜんぶ飛んでしまえばいい ズキズキ痛い酔っぱらってみた夢 (音呼)


まさに今の気分
あー いい話は覚えてないし
忘れたいことは覚えてるし(でもやばいのは忘れたふり)

いやー、何度失敗しても懲りないのだが
なんだかたぶん そもそも

失敗したくて酔っぱらってるのかもしれない

それに、酔っぱらってるときは臆面もなく甘えられたりもし・・・
多少自分をだますくらいのことが必要な時もある
(いや だから後から痛いのか)

そんな自分に気づいてしまった今日の気分でもう一首
夢には関係ないけど夢のある方向で


言い訳が ないとジャンプもできないらしい 痛む頭とひきかえの恋 (音呼)

|

« 「夢」短歌 1 | Main | 「夢」短歌 3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/2332714

Listed below are links to weblogs that reference 「夢」短歌 2:

« 「夢」短歌 1 | Main | 「夢」短歌 3 »