« 時の流れ | Main | ミュージアムショップ@McCord Museun »

モントリオールの街並み

montreal3.jpg
モントリオールは、トロント、バンクーバーと並んでカナダを代表する大都市で、多くの移民がやってくる多文化都市である。
そして、なんといってもフランス系カナダの街。


マギール大から見下ろすモントリオールの街並み

バイリンガルが国是のカナダでは、標識や案内はすべて英・仏の二言語表示が原則なのだけど、ここケベック州ではフランス語のみになる。それは英語に取り囲まれた中での対抗的なナショナリズムなのだけど、旅行者にとってはちょっと(?)不便なことは確かだろう。でもまあ、フランス語圏を旅してると思えばいいのだけど。

ケベック州内では、古い街並みが美しい歴史的な都市であるケベックシティ、何もないといってもいいくらい、ただ壮大な自然が広がる北の最果ての漁師街ガスペジに行ったことがある。
ローカルになればなるほど英語の通用率はさがるのだけど、まあ、こういったツーリストエリアではなんとかなる。

モントリオールではほとんど英語は通用するので、書いてあることがわからなくても尋ねれば何の問題もない。
そして、通りすがりの人々は、道がわからないとか、どのバスにのったらいいかわからないとかいうとき、たいがいとても親切に対応してくれる。
その点トロントはどの大都市でもそうであるように、多少ドライになっている気がする。まあ、東京に比べたら、全然フレンドリーだけど。

montreal1.jpg
マギール大学前の通り。正面奥がマギール大。


montreal4.jpg
同じ通りを逆方向から。クリスマスイルミネーションがとってもきれい。

|

« 時の流れ | Main | ミュージアムショップ@McCord Museun »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/2019228

Listed below are links to weblogs that reference モントリオールの街並み:

» カナダ投資家移民プログラム [PUICPブログ]
JETRO福岡から「カナダ・ケベック州の投資家移民プログラム」のセミナーのFAX... [Read More]

Tracked on Nov 22, 2004 at 01:02 PM

« 時の流れ | Main | ミュージアムショップ@McCord Museun »