« カナダでもか!! | Main | 懐かしい場所 »

生け花展@トロント

ikebana0.jpg

日本ではこういった伝統文化の習い事には縁がないまま過ごして来た私。
生け花展などというものに足を運ぶのも、今回が2度目だけどいずれもカナダでのこと。
かつてのホストマザーが生け花をやっていて、去年もちょうと彼女を訪ねたときにその日程に重なったんだよね。

今回は、トロントでの大きな会(とんぼ返りだって知っていたら、土曜日トロントでもう一泊して合流したのに~!)。
外務省が後押ししている「生け花インターナショナル」主催の第23回目のエキシビョンである。


ウィリアムズ氏の作品

草月流が中心だけど、池坊(私のホストマザーは池坊)など他の流派の展示もあり。
草月流の理事、グレゴリー・ウィリアムズ氏によるデモンストレーションもあり、会場は満席、どよめきもしばしばの盛り上がりだった。様々な素材を使い、小さなものから大きなものまで15作品が披露されたのだけど、できあがっていく様を見るのはなかなかおもしろかった。

今回はそのような趣向だったそうで、ガラスの花器が多く使われた。私のホストマザーはじめ、どこでいい花器が手に入れるかは大きな関心事。理事がこの花器はどこのもの、と説明するたびにため息が流れる。多くは日本、塗り物ではベトナムなど、他の小さな町はもとより、トロントでもなかなか手に入らないらしい。
今回くるとき日本のスタイルを感じさせつつモダンな感じの花器を1つ、そんなわけでおみやげに持ってきたのだけれど、今度はガラス、逆三角形やちょっと崩れた涙型など、変わった、新しい流行(らしい)のものがほしいとリクエストあり。いいんだけど、大きいのは持ってくるのが大変なんだよね~。

会場には、日本人もいるのですが、生け花教室の先生でも中国人が多いようです。アジアン、コーケイジアン、アフリカンetc.会場の顔ぶれは様々。生け花って、こんなに海外でも人気なのね~、と感じるひとときでした。
私も少しはやってみようかしら・・・

ikebana2.jpg ikebana1.jpg
エキジビション出展者の作品のなかで好きだった2点
変わってるけどシンプル、な作品が好きなよう。

|

« カナダでもか!! | Main | 懐かしい場所 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/1975187

Listed below are links to weblogs that reference 生け花展@トロント:

« カナダでもか!! | Main | 懐かしい場所 »