« September 2004 | Main | November 2004 »

いよいよ長旅へ

一ヶ月の海外滞在というのに、結局荷造りを始めたのは夕べ9時すぎ。
なんとなくそんな予感はしていたものの、ほぼ徹夜であった。毎度のことながらとほほだけど、それで毎度なんとかなってくれるところはありがたい。

なんたってキューバとカナダ東部の組合せで、夏物冬用両方いるとこが痛い。
いつになく出発からスーツケースいっぱいだし… なんとか両方で、しかもオン・オフもどっちもとか考え出すと頭が痛くて、もう一度寝ちゃうかという誘惑に何度もかられた。

思うに私は旅の3〜4週間前くらいが一番楽しい。ガイドブックやネットを見ながらああだこうだ思いをはせ、あれもしたいこれもしたいとわくわく。近づいてくるとあとはだんだん引き算になり、現実的な繁雑な段取りへと…

でもいざ出発となればそれからも開放。向こうで何と出会えるやら。一気に肩凝りもとれるというもんだ。出張でもプライベートでも、旅の間の方が私はずっと健康的だったりする。

成田の空は残念ながらどんより
041023_1605.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はんぶんの月 はんぶんの気持ち

今日の月はきれいにすっぱりはんぶんこ

もう毎回のようにグレードアップしてやってくる台風のなかでも最悪な感じの23号がさって、また月が静かに浮かぶ夜空が帰ってきた。

まあるいくせに、曲線じゃなくすっぱりはんぶんって、なんかすごい。
すごいタイミングに立ちあったような気分を感じてしまう。
(注:ここで理系な説明はしないように・・・)

ときどき 自分がはんぶんだって感じることがある。
月のように、見えてないのではなく
ほんとうに 何か足りない感じ

Continue reading "はんぶんの月 はんぶんの気持ち"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感謝の気持ちを思い出すことば

もうネットを閉じるはずが・・・ありがと。BLOGを見て、私の中で大切な「芯」になっていることばを思い出した。

それは、何年も前、母と一緒に父方の実家を訪ねた時に、母がみなの前で語ったことばだ。
その時の母の顔は、なんだか満足げで、ちょっと涙ぐんでもいた。
聞いたみんなも、ちょっとじんときてるようだった。
私はといえば、そんなことをここで言っちゃう母の気持ちと、そのことばそのものの重みにただただびっくりしながら、涙が出ないように、ただじっと心をこらしていた。

Continue reading "感謝の気持ちを思い出すことば"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

古代遺物 発掘しちゃいました

気になるGoodsだった古代遺物発掘体験砂、実は買っちゃいました~

箱の注意書きには、
「出てくる物はすべて、原物を再現した模造品です。本物の遺物ではございませんのでご了承下さい。」 
だって。わらけるゾ~。

で、ほってみましたよ。
iseki1.jpg
思ってたより小さいですね。
何がでてくるんだろうな~

Continue reading "古代遺物 発掘しちゃいました"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

線路は続かない

ある時 人間がこの地にやってきて
草原を切り裂き 大地に鉄をうがち 音を響かせた

かつて 人々の暮らしと思いをのせ 列車が走ったその道

ある時 人間はこの地をさって
鉄の道だけが残された

赤茶けた身を草花に埋もれさせ 静かに眠る暮らしの痕跡

かつて 道を遥かからふるわせた滑車の音は
もう聞こえない

滑車のきしみに混じって聞こえた笑い声も
今は遠い昔のこと


Continue reading "線路は続かない"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

水中にたたずむ鹿を見た

今日は超がつくいい天気。昼間は日差しが暑いくらいだった。
だから、というわけじゃないんだろうけど、奈良公園の博物館近くの池に通りかかると
「!!!」

鹿たちが何頭も水に入っているではないか。
しかも、じっとして、ぷるぷる体をふるわせていて、温泉気分ってわけじゃないらしい。
つぶらな瞳でじっとこちらを見つめられると、「どうしたの~!?」って感じだ。

何頭もの鹿が水中にたたずむ姿
初めて見る絵だった。

shika.jpg

そして、鹿にとっては今は恋の季節の真っ最中。雄鹿の鳴き声はちょっと切ない。

kojika.jpg
↑こんな子鹿がたくさんいたのもかわいかった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

neco家今日のニューカマー

ガラス小物のお店でGet
カエルさん、四つ葉のクローバーさん、どうぞ幸せをはこんでね

041016_1747.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋の空

「行っちゃえば!」

ほんとに行くことないじゃない

はなたれたことばと

はなれない想い

Continue reading "秋の空"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遠いから 近いって こともある

何かわき出てくる思いを、言葉としてどこかに残したい。誰かに伝えたい。
そういう気持ちは、遙か昔から、人が備えたものなんだろう。

どこに?

だれに?

Continue reading "遠いから 近いって こともある"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

ベビーフェイスの賞味期限

ある日のショップの店員さんとの会話

  neco: 「このパンツ、色がもうちょっと柔らかい
       感じだと好きなんだけど・・・」

  店員: 「でも、お客様のようなベビーフェイスの
       方がこういうシャープなものを着られる
       とそのギャップもまたいいかんじなんで
       すけどねえ」

  neco:  (ベ、ベビーフェイスゥ~!!!)

Continue reading "ベビーフェイスの賞味期限"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二人のメビウス

あなたは左へ わたしは右へ
全然違う二人だけど 一回りしたら また会えるね

Continue reading "二人のメビウス"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

恋愛における頭と心

この人を 好きになれたらいいのにと 思うあたまと うごかないこころ

Continue reading "恋愛における頭と心"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

距離感

結局、なんだか感覚があわないな・・・という人とは終わってしまった。
というか、終わらせた。
うーん、だって、近くなればなるほど、やりにくい感じが出てきちゃうんだもの。

Continue reading "距離感"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

ハンガリー温泉湖の誘惑

ANAの機内紙、10月号はなかなか◎ いくつも行ってみたくなる記事があり初めてのお持ち帰り!
なかでもこれは行かなくば!とリスト入りしたのがハンガリーはヘーヴィーズ湖。ヨーロッパ最大、世界第2位の温泉湖で、湖がそのまままるごと露天風呂!ってこと。湖に入ってる気分は支笏湖畔の温泉でもけっこういけるんだけど、ここは気分だけじゃない。ま、それだけじゃ「へぇ~」くらいだけど、なんとその温泉湖には睡蓮が咲いているのだ! 睡蓮の花と一緒に青い空のもと湖面をたゆたうわ・た・し。あー、絶対またバカンスとれる時にゆーっくり行かなくっちゃだわ。ビバ!スパライフ!
hungary.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年も後2ヵ月ちょい!?

早くも(?)2005年カレンダー購入。駒形克巳氏デザイン、発行ONE STROKE、2100円なり。
アートブックショップでほぼ一目ぼれ~。
calendar.jpg

きれい色の12枚のストライプ地にいろんな動物の型抜きがあって、来月分のストライプ地がのぞく仕組み。季節感や連続性もある。
他の月のデザインはこんな感じ↓
iso2022jpbgyrcjsslbcvzjuahpbsoqjiuanbn

いやー、今年やるはずだったことがまだ沢山ありすぎ。あと2ヵ月半でどこまでいけるか、そんなこと考えるきっかけにもなったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京デザイナーズウィーク 2004

台風の中、アークヒルズははずし、ほぼ地下道直通の、五反田の東京デザインセンターにROMA PUNTO UNOを見に行ってみた。

Continue reading "東京デザイナーズウィーク 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「不幸のしたたらず」

akoni.JPG

Bunkamuraシアターコクーンで野田秀樹の「赤鬼 日本バージョン」をみてきた。
タイトルは作中の数あるズンとくる言葉のうちのひとつ。
青い鳥は、青いって、見るか見ないか。
青くなくたってさあ、そう思えば救われるんならば、そうしたいよね。

Continue reading "「不幸のしたたらず」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風一過

5時~6時半、台風が最も猛威をふるった時間帯、渋谷にいた。
循環バスを使うものの、歩いて10分の距離に30分くらい。
駅前は30センチくらいも浸水したエリアがあり、バスも回り道を強いられた。
いやーすごかった!

それが、芝居をみて9時頃再び表に出てみれば、何事もなかったかのように道もカラッとしたもんだ。
しかし、そのまま駆けつけようと思っていた「モーターサイクル・ダイアリーズ」の初日オールナイトは、台風の影響でキャンセルされてしまっていた。キューバ行く前にみたかったんだけどなあ。

帰り道、桜ヶ丘の公園は猫の憩いの場になっていた。10匹はいたな。餌あげてる人がいるんだよね。
v8010004.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

埴輪や曲玉、古代遺物を発掘できちゃう砂ブロック新発売!?

iseki.jpg

新発売「発見!古代遺跡。砂を掘って古代遺物を探し出せ!」今ならお試し価格342円!掘り出し用刷毛・ヘラ付き

Continue reading "埴輪や曲玉、古代遺物を発掘できちゃう砂ブロック新発売!?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

また台風が来る

「サザエさん」には、台風のとき外出し、歩けないほどの突風にあおられた末、「もういくのやめた」と家に帰る作品(46年)もある。平沼さんは「今は忙しいからと、台風が来ているのに外に出てしまう。台風の力は基本的に昔と変わっていないんですが……」。変わったのは、恐れや備えを失った人の心ということか。 (asahi.com : Be on Saturday 「サザエさんをさがして」より)

Continue reading "また台風が来る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もの想う秋だから

04-10-06_13-30.JPG

いずくにか いきつく先は あるのかと 雲に問おうか 秋風がふく

Continue reading "もの想う秋だから"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現代アートミュージアム@金沢

Sarah-Ciraci.jpg
サラ・チラチによる開館記念展覧会出品作品「2012」(2004)

いよいよ10月9日にオープンする金沢21世紀美術館、けっこうおもしろそう。まず現代アートでこれだけの規模の美術館っていうのを、古都イメージの金沢に創っちゃおうっていう心意気もいい感じ。

Continue reading "現代アートミュージアム@金沢"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

心の栄養になる写真集

EFA124_w1024.JPG

みるとちょっと元気になるもの・・・ 私の場合、意識してオフィスの環境づくりに使っているのはYann Arthus-Bertrand の写真。彼の美しい航空写真は、地球への愛とか、人間への愛とかを思い出させてくれる。

Continue reading "心の栄養になる写真集"

| | Comments (0) | TrackBack (4)

白川郷・五箇山 世界遺産の山里へ

match.jpg

上の写真は旅館からもらってきたマッチ。なかなかいいデザインだと思う。
すごーく急ぎ足ではあったが、若干観光もできたし、秋の味覚も楽しめた。

Continue reading "白川郷・五箇山 世界遺産の山里へ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »