« 聖夜 | Main | その先の乙女心 »

ふたりのサイズ

見上げると
青い空が笑った

ビルに遮られたここにも
もうすぐ陽が射し込んでくるだろう

足下では枯れ葉が音を立てて砕け
風にのって舞い上がる

風に吹き流されるほど小さくもないけど
風に立ち向かえるほど大きくはなかった
わたし

でも今は
あなたと二人 ちょうどよい大きさになれたから
風のなかでも笑っていられるの

(98/12/29)

|

« 聖夜 | Main | その先の乙女心 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/1523134

Listed below are links to weblogs that reference ふたりのサイズ:

« 聖夜 | Main | その先の乙女心 »