« 恋する強さ@冬 | Main | 永遠の一瞬 »

久しぶりに降り立った駅
この駅にくるときは、いつも幸せな気分だった
あの公衆電話からいつもあなたに電話したっけ
「もうすぐ着くよ」って

もう大丈夫だって思ってたのに
このいたみはなんなんだろう
何もかも、もっと変わってしまっていたらよかったのに

あなたに似た後ろ姿を見つけてドキッとする
偶然会えたらなんて、もしかして期待してるの?
あなたが今幸せかどうかなんて
聞いても仕方のないこと
どんな答えが返ってきても、きっと心はいたいから

去年はふたりを包んだあのまばゆい光が
今年もたくさんの恋人たちの笑顔をてらしているんだろうね
あの美しい光を、素直にきれいだってまた思えるようになるには
もう少し時間が必要みたい
でも  あなたには  やっぱり
幸せでいてほしい

(98/12/14)

|

« 恋する強さ@冬 | Main | 永遠の一瞬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55003/1523127

Listed below are links to weblogs that reference :

« 恋する強さ@冬 | Main | 永遠の一瞬 »